石庭がとても斬新、東福寺

京都散策

東福寺に行ってきました。

東福寺は、臨済宗東福寺派の大本山です。

本尊は釈迦如来です。

1334年には、京都五山の第4位となりました。

京都駅からは、頑張れば歩いていけます。

東福寺の地には、元々藤原忠平によって建てられた藤原氏の氏寺、法性寺の伽藍があったそうです。

お寺の名前は、奈良の東大寺、興福寺から1字ずつ取って東福寺としたそうです。

私は東福寺の庭園が何よりも大好きで、一緒に東福寺に行った友人に延々庭園の説明をしていたら、

「うはww歴女wwww」と言われてしまいましたw

庭園は、重森三玲によって作庭されました。

釈迦成道(じょうどう)を表現し、八相の庭と命名されています。

東庭は、北斗七星の石組みです。

南庭は、近代芸術の抽象的構成を取り入れた枯山水庭園です。

北庭は、敷石と苔地で市松模様を作っています。

西庭は、井田(せいでん)を表しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました