六波羅蜜寺 空也踊躍念仏

京都散策

はいみなさんこんにちは。今日は、京都にある六波羅蜜寺についてご紹介していきたいと思います。

2013年の12月に、六波羅蜜寺の空也踊躍(ゆやく)念仏を観に行ってきました。

その念仏は、重要無形民族文化財に登録されています。

京都で疫病が蔓延したときに、空也上人が救済を願って始めたと言われています。

なんだか、お坊さんが歌を歌っているような念仏踊りでした。

とっても不思議な空気でした。

そのあと、皆でお焼香をして、お札をいただきました。

六波羅蜜寺は、空也踊躍念仏以外にも、お正月の皇服茶(おうぶくちゃ)、8月の万灯会(まんとうえ)が有名です。

私は空也や六波羅蜜寺に対して、何か謎めいたイメージを持っていて、その謎めきの正体を知りたくて色々調べたりもしているのですが、やっぱりわからず、実際に行っても解明できず、未だに謎めいたイメージが大きい存在であります。

六波羅蜜寺は、密教である真言宗のお寺です。

963年に空也が鴨川の東岸に一堂を建て、西光寺(さいこうじ)としたお寺が始まりなのだそうです。

本尊の十一面観音立像は国宝で、空也の自刻と伝えられています。

また、重要文化財である空也上人立像が有名です。

密教についてもう少し知りたい方は、下のリンクの記事がオススメです。

密教ってどんな宗教?
はいみなさんこんにちは。今日は、密教とはどんな宗教なのかについてご紹介していきたいと思います。まず、仏教の教えの特徴は、「輪廻(りんね)」と「解脱(げだつ)」です。人の一生は「苦」であることが前提で、輪廻(繰り返される生ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました