通常は非公開の飛雲閣で、お能を鑑賞する

京都散策

西本願寺では、親鸞上人の誕生日とされる5月21日に、「親鸞聖人降誕会」と称して、祝賀能などの祝賀行事が催されます。

私はそれに、友達と行ってきました。

西本願寺の境内には、国宝の飛雲閣があり、そこは通常、非公開となっています。

しかしこの日は、一般公開されました。

飛雲閣は、金閣、銀閣とならび、「京都の三名閣」と称されています。

また、豊臣秀吉が造営した、聚楽第の遺構とも伝えられています。

建物には六歌仙が描かれていました。

ちなみにここは撮影禁止なので、写真はありません。

お能の話をしましょう。

はじめの演目は、三輪でした。

事前に配布されたパンフレットにあらすじが書かれていたので、物語を追っていくことができました。

笛、小鼓、大鼓、太鼓そして謡の、ものすごいポリリズムは圧巻でした。

地謡さん、本当に素敵。

狂言は、「太刀奪」でした。

壬生狂言の、「花盗人」にストーリーが似ていました。

「太刀奪」のすっぱにルパン三世的な巧妙さはありませんでしたが、セリフがとっても面白かったです。

現代人の私でも、だいぶん笑えました。

後日、別の友人に、

「茂山千五郎さんの狂言を観に行ってきたのぉ♡♡♡♡♡」

とメールをしたら、

「…わろた♡♡♡♡♡」

と返事が来て嬉しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました