黄金に輝く、金閣寺(鹿苑寺)

京都散策

金閣寺は、相国寺の塔頭(たっちゅう、寺院の子院のこと)です。

正式には、鹿苑寺(ろくおんじ)といいます。

夢想疎石を勧請開山(かんじょうかいざん、本来の創始者でない高僧を、その寺の開山とすること)としています。

通称である「金閣」とは、舎利殿(しゃりでん、仏舎利を安置した建物のこと)を指します。

金閣の1階と2階は住宅風で、3階が仏堂風となっています。

金閣を映す鏡湖池(きょうこち)という池の中には、九山八海石(くせんはっかいせき)などの名石があります。

境内には、茶人である金森宗和(かなもりそうわ)好みの茶室、夕佳亭(せっかてい)があります。下の写真が、夕佳亭です。

庭園は国の特別史跡および、特別名勝に指定されています。

金閣寺ですが、思ったより遠くからしか見られず、小さかったのを覚えていますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました