庭園のライトアップが美しい、閑臥庵(かんがあん)

京都散策

閑臥庵に行ってきました。

実は閑臥庵は、私の住んでいる場所からほど近くなんです。

それで、よく前の通りを歩くことが多かったのですが、入ったことはありませんでした。

しかし、結構たくさんの方から、「あそこはええでぇ」というお言葉をいただいていたので、そりゃあ行かないわけにはいかないでしょうということで、行って参りました。

「閑臥庵」は、黄檗宗の禅寺です。

閑臥庵には、黄檗宗特有の精進料理である普茶料理が伝わっているそうです。

このお寺には、とても美しい庭園もあり、夜はバーカウンターもあります。

お坊さんに案内していただいたのですが、このお寺には、天井に龍が描かれているお堂があり、そこにはチベットの僧が描いたと言われる曼荼羅の作品や、後水尾天皇が書いたと言われる書の作品を拝観することができました。

お庭のライトアップがとても美しかったです。

バーのお酒の種類も豊富にありました。

とても素敵な夜となりました。

黄檗宗についてもっと知りたい方は、下のリンクの記事がオススメです。

禅宗の教え・歴史とは?曹洞宗・臨済宗・黄檗宗をわかりやすく要約
今日は、禅の歴史についてご紹介していきたいと思います。1、中国における禅の歴史まず、禅定(ぜんじょう)とは、思いを静め、心を明らかにして真正(しんせい)の理(ことわり)を悟るための修行法です。この言葉は、お釈迦様が菩提樹の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました