下鴨神社の流鏑馬神事とは?葵祭との関係も調べてみました。

日本文化

下鴨神社流鏑馬神事(やぶさめしんじ)に行ってきました。

流鏑馬神事は、下鴨神社で、葵祭(5月15日)の前の儀式として最初に行われる古式神事を言います。

武官束帯姿(ぶかんそくたいすがた)の射手が馬を馳せながら3ヵ所の菱形の的を矢継ぎ早に鏑矢(かぶらや)で射ることから流鏑馬と呼ぶそうです。

葵祭とは、約1500年前に始まったとされる下鴨神社と上賀茂神社の例祭です。5月15日には、およそ8キロもの距離を、平安装束をまとった人々が練り歩く「路頭の儀」が開催されます。

葵祭の起源はとても古いです。

欽明天皇の御代である567年、日本国内は風水害に見舞われました。

五穀は実らず、疫病が流行り、国民は困窮していました。

勅命(天皇の命令)によって、当時賀茂の大神の崇敬者であった卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせたところ、賀茂の神々祟りであると申されました。

その祟りを沈めるために、4月の吉日を選んで、馬に鈴をつけ、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆け比べをするという盛大なお祭りを開いたのが、賀茂祭(葵祭)の起源とされています。

葵祭の重要人物、「斎王代(さいおうだい)」について、少しご紹介したいなと思います。

「斎王代」というのは「斎王(さいおう)」の代わりという意味になります。
「斎王」とは、巫女として神に仕えるように命じられた天皇の娘さんや姉妹のことをいうのですが、「斎王」が不在の現在では、その「代理」として京都在住の一般市民から選ばれた女性が務めることになっています。

話を戻して流鏑馬神事の話に移ります。

流鏑馬は、馬に騎乗したときの弓術として平安時代からありました。

このころは、武士によって神社に奉納される儀式の意味合いが強いものでした。

鎌倉時代になると、実戦的な武士のたしなみとして稽古されるようになります。

しかし、個人の武術で戦う時代が終わって、室町・安室桃山時代には廃れてしまいました。

江戸時代になって、将軍・徳川吉宗のころ、新たな流鏑馬(小笠原流)が制定され、将軍家の厄除けなどのために「高田馬場」で行われました。

現在は各地の神社で「神事」として行われていて、観光客を集める人気行事になっています。

めちゃくちゃかっこよかったです。

もうね、馬に乗る者の姿はまさにロマンそのものだと思いました。

青もみじの宇宙の下、歴女の心は次々に陥落してゆくのです。

糺の森に張られていた幕には、「弓馬術礼法 小笠原教場」と書いてありました。

小笠原流とは、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派なのだそうです。

タイトルとURLをコピーしました