同性婚を認めると少子化が進むって本当?LGBTQを考える

社会問題

みなさんこんにちは。

今日は、LGBTQについて考えていきましょう。

色々な以前のブログに書きましtが、私の好きな人は俄然ゲイですし、友達にもLGBTQの人がとても多いです。

やっぱり、友達には幸せになってほしい。だから、今回は結構色々調べました。

世界では、24ヵ国で同性婚が認められています。

2017年に台湾ではアジアで初めて同性婚の合法化が決定され、2019年5月にそれが施行され、台湾で同性婚ができるようになりました。

米国では2015年から全州で同性婚ができるようになりました。

日本はまだ同性婚が認められていません。

2019年2月14日、同性婚を求める13組の同性カップルが、国を一斉提訴しました。

求めているのは、婚姻の平等です。

世界には、LGBTという理由だけで罰金や終身刑、死刑を設けている国も存在します。

何が罪なんでしょうか。

これは、宗教の問題もあるみたいですが、詳しいことはネットではわかりませんでした。

さて。そもそもなんですが、なぜ同性間の結婚を認める必要があるのでしょうか。

それには、いくつかの理由があります。

1、病院で面会を拒否される・・・例えば、パートナーが病気で意識不明になったとき、同性のカップルの場合、法律上の家族でないという理由で拒否されることがあるそうです。

2、マンションの入居を拒否される

3、外国人パートナーの配偶者ビザがおりない

4、財産相続や遺産相続ができない

5、子どもの親権や養育権が認められない・・・法律では、血縁が重視されるため、知のつながりが無い人は法的に親にはなれないそうです。

日本において同性婚が認められないのには、以下の理由があるからだそうです。

1、伝統的な結婚制度が破壊されるから

2、結婚制度は子孫繁栄のためだから

え????????????

結婚制度って子孫繁栄のためにあるの????????

幸せになるためなんじゃないの?????????

謎すぎます。

人間の価値を生産性で測定される筋合いはありません。

私はノンケですが、俄然ゲイと結婚する気満々ですよ。

ほんで、江國香織の小説「きらきらひかる」みたいな幸せな家庭を築く気満々ですよ。

話を戻しますが、同性婚を認めると、少子化が進むという意見も根強いです。

現在、異性カップルの人たちが産む子どもの数が、同性婚が認められることによって減ることは、論理的には考えられていないそうです。

むしろ、同性婚が認められる国では、同性カップルが子どもを養育するようになり、社会的な養護が必要な子どもたちの受け皿が増えていると言われています。

そもそもなんですけど、子孫繁栄がそんなに偉いんですか?

日本人は、国の利益のためだけに生きているのでしょうか。

幸福のために生きる、そういう視点があってもよいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました