日本は貧困国だと認めた方が解決は早い

ブログ

はいみなさんこんにちは。

日本は斜陽の国で、沈没船のようなものだから、海外に移住したほうが幸せになれる説がメジャーになっていますね。

私も本当にそれを信じて、橘玲さんの本とか読み漁って、英語もばっちり勉強していた時期がありました。

でも、私はやっぱり貧困家庭育ちだから、貧困で苦しんでいる、とくにガールたちを置いてはいけないなという気持ちになりました。

自分だけ一人逃げは、私はしたくないなと思いました。

日本は、経済的には豊かだと言われています。

国内総生産(Gross Domestic Product 、GDP)は世界3位です。

日本人は、たぶん、高度成長期から、「GDP教」という宗教を信仰していればそれだけで幸せだったんでしょうね。

でも、本来の幸福って、経済指標だけでは測定できません。

下の図は、生活満足度の調査結果です。まぁ日本は低い。

そして次の図は、相対貧困率の調査結果。日本はめちゃくちゃ高い。

そして最後に、自殺率の調査結果です。こに、不審死者数も加えると、もっとグーーーーーンと結果は変わるでしょう。

色々な資料を見てきましたが、この資料は、厚生労働省がHPで一般公開している資料なんです。

あと、グラフにはなく、文章で書かれていたのですが、公的社会保障費の世界ランキングは19位だったでそうです。

別のブログでも書きましたが、日本における社会保障費の半分は年金に使われています。

ですので、年金を省いた公的社会保障費の世界ランキングは、もっと低い結果になると思います。

そこが、統計の限界というか、統計の歪みではありますね。

もう日本は、貧困国であると認識してから政策を考えていった方が解決は早いと思うんですね。

GDP宗教だけを信仰する、変にプライドが高いおめでたい思考停止国から、脱却すべきです。

この結果をふまえて、政府はどのような政策を打ち出そうとしているのでしょうか。

そこは、文部科学省のHPに書いてありました。

2013年6月に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が成立し,2014年1月に施行されたそうです。

それを調べていくと、子どもの貧困対策の大綱(たいこう)を作成して、内閣府に子どもの貧困対策会議を設置する。そして政府は子どもの貧困の調査を毎年公表する。こういうことが書かれていました。

抽象的な基本理念だなぁと思いました。具体的に何をしようとかそういうことは書かれてませんでした。

色んな資料を見てきましたが、結局、何を幸せとするかは、人それぞれじゃないですか。

私はずっと、世界を旅するするキラキラ系インスタグラマーが一番幸せだと思ってました。

他には、独立してカフェを経営することが幸せだという人もいれば、いい人と巡り合って結婚して出産して家庭を築くのが幸せだという人もいますでしょう。

ただ、何をするにもお金は必要ですが、働いても働いても貧困から抜け出せないワーキングプアの問題もあります。

解決策として、ベーシックインカムという方法が挙げられるのではないでしょうか。

みなさんはどう思いますか?

タイトルとURLをコピーしました