禅宗の歴史とは?曹洞宗・臨済宗・黄檗宗をわかりやすく要約

書評

今日は、文庫ぎんが堂から出版されている『あらすじとイラストでわかる禅』をもとに、禅の歴史についてご紹介していきたいと思います。

1、中国における禅の歴史

まず、禅定(ぜんじょう)とは、思いを静め、心を明らかにして真正(しんせい)の理(ことわり)を悟るための修行法です。この言葉は、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いた時からある言葉です。

この禅定に深く着目し、体系化していったのが、インドの達磨大使(だるまたいし)であり、中国の臨済です。

2、栄西と道元

鎌倉時代、栄西は日本で当時の政権からも重用され、臨済宗(りんざいしゅう)である寿福寺、建仁寺を開きました。

同時期、道元は日本で曹洞宗(そうとうしゅう)である永平寺を開きました。栄西に対し、道元は、かたくなに政権と距離を取っていました。

3、黄檗宗

中国の福建省(ふっけんしょう)生まれの隠元隆琦(いんげんりゅうき)が江戸時代に来日し、黄檗山萬福寺を開き、日本の黄檗宗の開祖となりました。

4、白隠による臨済宗の復興

江戸時代、白隠は、難解といわれる「禅」の世界を、白隠が体系化し、素人でもとっつきやすいものに整理しなおしました。

また、白隠は、これまで念仏中心だった日本の禅道を、公案中心の禅に変えていきました。

いかがでしたでしょうか。

日本の禅一つとっても、様々な歴史があるのですね。

タイトルとURLをコピーしました