禅宗の教え・歴史とは?曹洞宗・臨済宗・黄檗宗をわかりやすく要約

日本文化

今日は、禅の歴史についてご紹介していきたいと思います。

1、中国における禅の歴史

まず、禅定(ぜんじょう)とは、思いを静め、心を明らかにして真正(しんせい)の理(ことわり)を悟るための修行法です。この言葉は、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いた時からある言葉です。

この禅定に深く着目し、体系化していったのが、インドの達磨大使(だるまたいし)であり、中国の臨済です。

2、栄西と道元

鎌倉時代、栄西は日本で当時の政権からも重用され、臨済宗(りんざいしゅう)である寿福寺、建仁寺を開きました。

同時期、道元は日本で曹洞宗(そうとうしゅう)である永平寺を開きました。栄西に対し、道元は、かたくなに政権と距離を取っていました。

3、黄檗宗

中国の福建省(ふっけんしょう)生まれの隠元隆琦(いんげんりゅうき)が江戸時代に来日し、黄檗山萬福寺を開き、日本の黄檗宗の開祖となりました。

4、白隠による臨済宗の復興

江戸時代、白隠は、難解といわれる「禅」の世界を、白隠が体系化し、素人でもとっつきやすいものに整理しなおしました。

また、白隠は、これまで念仏中心だった日本の禅道を、公案中心の禅に変えていきました。

いかがでしたでしょうか。

日本の禅一つとっても、様々な歴史があるのですね。

次に、禅の教えについてご紹介します。

1、無念無想(むねんむそう)

まず、仏教哲学の神髄は、「心の在り方」です。

私たちは日々、様々な欲望に捉われています。禅はそこから自由になり、「無念無想」を目指します。

無念無想とは、一切の望みを持たないことを言います。

人生は、少しだけ色んな物事を減らすことを考えれば、その分だけ世俗から抜け出すことが出来ます。

2、鳩摩羅什(くまらじゅう)

4世紀から5世紀にかけて鳩摩羅什という人物は、多くの経典を中国語に翻訳して紹介しました。

鳩摩羅什の訳したもののうち、禅の経典として有名なのが「坐禅三昧経(ざぜんざんまいきょう)」の3巻です。

その教えによれば、禅の修行には「声聞道(しょうもんどう)」「縁覚道(えんがくどう)」「仏道(ぶつどう)」の3つがあります。

声聞道は、仏の教えにただひたすら従って、煩悩を遠ざける道です。

縁覚道は、師につかず、自身の中の煩悩を断ち切る道です。

仏道は、自利・利他の菩薩の修行を収めて自らを高めようとする道です。

3、達磨の四聖句

禅をインドから中国に伝えた達磨は、重要な4つの言葉を残しています。

不立文字(ふりゅうもんじ)・・・文字では伝わりません。悟りの本質は、文字では表せないという意味です。

教外別伝(きょうげべつでん)・・・真理というのは、経典の内容を飛び越えたところにあるという意味です。

直指人心(じきしにんしん)・・・あれやこれやと外に目を向けるのではなく、自分の心を見つめることから始めることです。

見性成仏(けんしょうじょうぶつ)・・・仏になるとは、真実の自己に立ち戻ることです。その気付きのために、坐禅があります。

次に、禅と武士の関係についてご紹介します。

禅宗が中国大陸から日本にやってきたのは鎌倉時代です。

地方に土着した貴族や農民が、自らの一族と土地を守るために武装したのが、武士の発祥だと言われています。

自らの実力によってのし上がった新興勢力である武士たちは、新たな精神的支柱を求めていました。

禅は自らの鍛錬によって心を鍛えるという教えであり、質実剛健で独立心が旺盛だった武士勢力の気風にマッチしました。

ここに、武士と禅の結びつきが生まれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました