『知識ゼロからのプログラミング学習術』を要約してみた

書評

今回は、北村拓也著『知識ゼロからのプログラミング学習術』を要約しました。

<プログラミングはなぜ注目されているのか>

1、IT技術者の需要が高まっている

2、世界は機械化している

3、プログラミング教育が世界で必修化されている

4、課題を解決するための新しい力が求められている

5、プログラミングは自己実現のための最強ツール

<プログラミングっていったい何なのか>

プログラミングでできることは、作品づくり

プログラミングは、自分のアイディアを形にできるツール。

・囲碁で人間に勝つ人工知能

・どんな人の声でもマネできるアルゴリズム

・血液を運ぶ医療用ドローン

・無人でモノを売る自動運転車

<プログラミングで出来る身近な事例>

・ゲーム

・スマートフォンアプリ

・Webサイト

・ロボット

・デジタルアート

・仮想通貨

・コンピュータ

<作品別プログラミング学習ルート>

★Webページを作ろう

1、プログラミングで1から作る

2、CMS(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ。WordPressなど)を使って作る

→WordPressはPHPというプログラミング言語作られているので、PHPを覚えれば自分で改造することもできる。

3、Webページ作成サービス(Wixなど)で作る

★Webアプリケーションを作ろう

WebアプリとWebページの違いは、インタラクティブ(相互作用)かそうでないか。

インタラクティブであるとは、ユーザ側が何か操作して、それに対して反応が返ってくること。

サーバ(バックエンド)

サービスを提供する側をサーバ、利用する側をクライアントと言う。

サーバサイドで開発することを、バックエンドと言う。

クライアント(フロントエンド)

Webページだと、HTML、CSSそしてJavaScriptが主になる。

★ゲームを作ろう

1、ゲームエンジンを使って作る方法

現在主流のゲームエンジンはUnity(ユニティ)とUnreal Engine(アンリアルエンジン)。

2、ライブラリを使って作る方法

3、ツールを使って作る方法

4、ブロックチェーンを使って作る方法

タイトルとURLをコピーしました