人気AV女優佐倉まな原作の映画『最低。』あらすじ、感想と解釈

ブログ

『最低。』観ました。

2017年、日本で公開された映画です。

監督は瀬々敬久。

原作は、人気AV女優の佐倉まなによる同盟小説です。

平凡な日常に耐え切れず、新しい扉を開く34歳の主婦、橋本美穂。

ギクシャクした関係性の家族たちから逃げるように上京し、AV女優として多忙な毎日を送る25歳の彩乃。

奔放な母親に振り回されながらも、絵を描いているときだけは自由になれる17歳の女子高生、本間あやこ。

境遇も年齢も性格もバラバラながら、それぞれAVと関わりを持つという共通点のある3人の女たち。

ある出来事をきっかけに、彼女たちの運命が大きく動き始める・・・。

面白い映画と思いました。

特に彩乃の演技がよかった

彩乃の母が、彩乃の住むアパートで、「あなただけ兄弟の中であまり笑わない子だったし、何考えてるかちっともわからなかった」と言うシーンがあるのだが、そこで私は自分の親子関係を思い出していました。

バスの待合室で、母の心を突き返そうとする彩乃を、そっと抱き返す母に、何とも言えない優しさも感じました。

映画では、AVに関わることになった女性だけでなく、その家族との関係や彼ら彼女らの心模様も丁寧に映し出しています。

ただ、主婦の橋本美穂に関してだが、脱ぐことだけが唯一の打開策だったのだろうかと、ちょっとそこは疑問に思ったけどね。

彩乃を演じた女優、佐々木心音(ここね)が非常に気になった。なんだろう、昔の安藤サクラを思い出すような、人間くさい演技がものすごい好きになりました。

有名プロデューサーたちに、「いま芸能界で一番エロいカラダ」と評されているが、彼女の魅力はカラダだけじゃない。日常の女子のリアルを絶妙に演じられるところをもっと評価されてもいいと思う。

2017年の、第30回東京国際映画祭コンペティションのレッドカーペットに佐々木心音が登場したときの写真を見た。とても華やかで、艶やかで、美しかったです。

私はもう、佐々木心音という女優の存在を知れただけで、この映画を観ることが出来てよかったと思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました