ワインの話あれこれ

世界の文化・アート

はいみなさんこんにちは。今日は、ワインの話あれこれについて語っていこうと思います。

まず、このページでは、私の書きたいように話を進めていくので、あまり教科書的な話の進め方はしません。

ワインのエチケット、つまりラベルの話からしていこうと思います。

エチケットには、4種類あります。

・ロマネ・コンティなどの産地名タイプ

・マルベックなどのブドウ品種タイプ

・シャトー・ラトゥールなどの造り手タイプ

・ドン・ペリニョンなどの商品名タイプ

エチケットは、ワインの個性が表現された情報の宝庫です。

【フランスのワインについて】

ボルドーは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを主体とした、複数品種によるワインを手掛ける。

ブルゴーニュは、ピノ・ノワールを使った、単一品種によるワインを手掛ける

シャンパーニュとは、シャンパーニュ地方で作られたブドウを使ったスパークリング・ワインのこと。

次に、私が今までいただいてきたワインで、美味しかったものを紹介していこうと思います。

まず、貴腐ワインから。

3大貴腐ワイン産地は、以下の3地域になります。

1.フランスのソルテーヌ地区のシャトー

2.ドイツのトロッケン・ベーレン・アウスレーゼ

3.ハンガリーのトカイ

【私が今までいただいたワインの中でもお気に入りのワイン】

私は、カステルノー・ド・スデュイローというソーテルヌの貴腐ワインをいただきました。

すごく甘かったのを覚えています。

バニラアイスとかにかけても美味しそうだなと思いました。

次に、赤ワインであるシャトー・モンブスケ

私が以前、世界遺産検定の勉強をしていたときに、「サンテミリオン」という地区が世界遺産に登録されていることを知り、そこでブドウが栽培されていることも知り、ぜひともサンテミリオンのワインをいただきたいと思い、いただいたのが、このシャトー・モンブスケなんですね。

サンテミリオンはボルドーの中にあります。

とっても香りが豊かで、味も濃厚でした。

最後に、シャンパーニュ、ペリエ・ジュエ ベル・エポック

味も香りも華やかでフルーティで美味しかったです。

ベル・エポックとは、パリを中心に新しい文化・芸術が栄えた19世紀から20世紀にかけての時代を指します。

このシャンパーニュには、花の絵が描かれているんですが、それがアール・ヌーボー調で描かれていて、とても可愛らしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました