犯罪と道徳

ブログ

こんにちは。

世の中には、裕福な家庭ですくすくと育って、

悪事に手を染める人の心理がわからない、

という人は多いと思います。

というか大半だと思います。

しかし、私は違いました。

私は、本気でフリーライダーになりたいと思っていた時期がありました。

また、私は倫理や道徳を、ずっとバカにしてました。

バカにしてたというか、機能不全家族育ちの私が幸福になるには、

そんなものを考えながら悠長に構えていても、

幸福にはなれないと思っていたんですよね。

何をしていても親にゼロにされる。

そしていつのまにか、

親、ないし社会は私のリソースを搾取する存在である、

と、学習してしまうんですよね。

そのバイアスのかかった学習の上で、

だったら、機能不全家族に奪われた幼少期の過去を埋めるために、

「どんな手を使ってでも、手段を選ばずに、戦略的に」

幸福を手に入れればいいじゃないか、と思ったんですね。

また、社会から過去を取り戻したい、もう搾取されたくない、

だからフリーライダーになりたいと。

自分のリソースを守る方法がそれしか思い浮かばなかった。

悪に手を染めてしまうというのは、その人が悪人というわけではなく、

その人が思う幸福追求の手段が、その社会の道徳の在り方と、

反していたという話なのではなかろうか。

とすれば、その人の幸福追求の手段と道徳(法律)との間にあるバイアスを取り除いてあげれば、

人は倫理にのっとって幸せになれるんじゃないか、って思ったんですよね。

「倫理」って言葉には、色んな意味やイメージが含まれていますが、

とりあえず今は、「人間同士の秩序だった関係」という意味合いで

使っています。

親=社会じゃないし、

人間の秩序だった関係性(社会)の中で、合法の上で幸福追求しても大丈夫だよ、と私は自分に諭すことにしました。

私は色んな経験をしてきたので、その上で、引きこもりも前科持ちの人も、

みんな幸せになれるよーーーーーってエールを送りたいです、本当に。

タイトルとURLをコピーしました