絵画で和文化を形にしていくこと

ブログ

はいみなさんこんにちは。

読者の方々の中には、私がしたかった仕事について、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

私の夢は、外国人観光客が、茶道や書道、日本舞踊などを体験する、体験型観光サロンで働くことでした。

でも、そこで働くには、日本文化に対して高度な技術を要しますし、何より語学が必須でした。

私は、大きく挫折しました。

そんな折、友人から、「パラリンアート」という存在を教えてもらいました。

パラリンアートとは、障害者のアートビジネスモデルの総称で、

「障害者アーティスト自らが才能を糧に変え、経済的自立を目指す」ことを支援するのが目的とされているものです。

ちなみに私は、発達障害を持っています。

最初は、花の絵とかを描いてたのですが、そういえば、私、書道は書けるんだったよな、ということに気付き、

書道とアートを掛け合わせる作品に取り掛かりました。

昨日描いてた作品は、漢に花の絵を付ける作品でしたが、

今日は、禅語の横に茶道の絵を描きました。

結構いいものができたなと思います。

私は、体験型観光サロンで働く夢は、諦めようと思います。

そしてこれからは、アートという道で、日本文化を形にしていく活動を続けたいと思っています。

京都の街並みを絵にしたり、

着物姿の女の子たちを絵にしたり、

引き続き漢詩や禅語を書いたり、

そんな風に新しい道を開拓していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました