「やきもの」の魅力とは?

日本文化

はいみなさんこんにちは。

今日は、「やきもの」について色々語っていこうと思います。

【笠間焼(かさまやき)】茨城県

笠間焼は、関東最古のやきものです。

益子焼(ましこやき、栃木県)の先輩にあたります。

江戸中期から明治期ごろまで、すり鉢や火鉢、徳利など、素朴な日曜器の産地として知られていました。

現在は、伝統的な器、先鋭的なアート作品など、百花繚乱のやきものの一大基地となっています。

【益子焼(ましこやき)】栃木県

益子焼が有名になったのは、民芸運動の提唱者、濱田庄司が、益子に窯を築いた1924年ごろからと言われています。

益子の土は粒子が粗(あら)く、黒みがかった厚手の器になります。

【九谷焼(くたにやき)】石川県

九谷の地で陶石(とうせき)が発見され、領主前田家が磁器生産を始めさせたと伝わっています。

九谷焼では、印象的な絵付(えつけ)の様式が数々発達しました。

豪奢な磁器は、加賀百万石の富を象徴するとも言われています。

【美濃焼(みのやき)】岐阜県

黄瀬戸、瀬戸黒、志野焼、織部焼など、豪放な桃山文化の顔となります。

志野焼は、日本で最初の白いやきものです。

織部焼は、茶人である古田織部(ふるたのおりべ)の指導から生まれた奇抜な形や装飾のやきものです。

瀬戸黒は、鉄釉(てつゆう)をかけた器を焼成中に窯から出して急冷し、真っ黒にさせます。

黄瀬戸は、灰釉(かいゆう)をかけた器を酸化炎(さんかえん)で黄色く焼成したものです。

【常滑焼(とこなめやき)】愛知県

常滑焼は、朱泥(しゅでい)急須で有名です。あの朱色の急須です。

六古窯(ろっこよう)の一つです。六古窯とは、瀬戸、常滑、信楽(しがらき)、越前、丹波(たんば)、備前(びぜん)を指します。

六古窯は、鎌倉時代から今日まで、絶えることなく続いている窯を言います。

【瀬戸焼(せとやき)】愛知県

瀬戸焼は、1000年の歴史を持っています。

鎌倉時代、中国の陶器を手本に、釉(うわぐすり)をかけた器を焼き、高級品として珍重(ちんちょう)されました。

釉が最初に使われた土地でもあります。

【信楽焼(しがらきやき)】滋賀県

信楽焼は、六古窯(ろっこよう)の一つです。

聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)の屋根瓦を焼かせたのが始まりと伝わっています。

信楽焼で有名なのは、タヌキのやきものです。

【京焼(きょうやき)】京都府

京焼は、楽焼(らくやき)をのぞく、京都のやきものの総称です。

清水焼(きよみずやき)も京焼に含まれます。

京都という文化の中心で、端正、華麗なやきものが育まれました。

【備前焼(びぜんやき)】岡山県

平安時代末期、須恵器(すえき)の陶工(とうこう)たちが備前に移り、日用器を焼いたことが始まりと伝わっています。

高温で焼き締め、独特な窯変(ようへん)を生み出します。

【萩焼(はぎやき)】山口県

やわらかな色、そして高台(こうだい)の形が萩焼の特徴です。

萩焼の主な材料は、「大道土(だいどうつち)」という白い粘土です。

低温でじっくり焼かれます。

【小鹿田焼(おんたやき)】大分県

小鹿田焼は、1931年、民芸運動の提唱者である柳宗悦(やなぎむねよし)に紹介されたことで一躍有名になりました。

「飛びかんな」や、「打ち刷毛目(はけめ)」など、江戸時代から変わらぬ技法を現在に伝えています。

【唐津焼(からつやき)】佐賀県

唐津焼の中でも朝鮮唐津は、白と黒のコントラストが特徴です。

絵唐津は、鉄絵で描かれています。

タイトルとURLをコピーしました