日本酒デビュー!何から知ればいい?

日本の文化・アート

はいみなさんこんにちは。今日は日本酒についてご紹介していきましょう。

日本酒は、製法や原料によって細かく名称が定義づけられています。

純米大吟醸酒は、「吟醸造り」と呼ばれる製法で造られます。吟醸造りとは、よく磨いた米を10度前後の低温で長時間かけて発酵させる製法です。低温で発酵させることによって、果実のような特有の「吟醸香(ぎんじょうか)」をもつように醸造します。

このため、吟醸造りの日本酒はフルーティーで華やかな香りになります。

原料には精米歩合(せいまいぶあい)50%以下の米と米麹、水のみを使用します。純米ならではの米の旨味とコク、吟醸造りが生み出す吟醸香が調和された日本酒が、純米大吟醸酒です。

精米歩合とは、玄米を精米して残った米の割合を%で表したものです。

なぜここまで磨くのかというと、日本酒造りにおける米の表層部分は雑味の原因とされているからです。

一般的に日本酒造りに使用する米は、磨くほど雑味のないスッキリとした味わいになるとされています。その分手間がかかるため、コストが上がります。

また、吟醸酒というものもあります。

大吟醸酒と吟醸酒の違いは、米の削り方です。

吟醸酒は、精米歩合60%以下、つまり米を40%以上削ったものを言います。

純米大吟醸酒は繊細でデリケートな味わいでしたが、純米吟醸酒はそれよりもやや骨太な味わいです。

純米大吟醸はそれだけを単体で楽しむ主役級のお酒ですが、純米吟醸は、香りも控えめなものが多く、料理にも合わせやすいです。

純米酒とは、お米と米麹と水だけで醸(かも)したお酒を言います。

古酒は、長期間熟成することで色や香り、味わいの変化を楽しめるお酒です。

古酒は一般に、香ばしくて甘みもリッチです。

熟成古酒というのは、単に時間が経てばいいというのではありません。そこには技と手間がかかっています。

日本酒造りに使用するお米は「酒米」といいます。さらに、その中でも特に日本酒造りに適した特別な酒米を「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」といいます。

もっとも有名なものに、兵庫県産の「山田錦」があります。これに加えて、北陸を中心に栽培されている「五百万石」や、「美山錦」、「雄町(おまち)」が有名です。

無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)というものもあります。

無濾過とは、濾過をおこなっていないお酒のことです。

つまり、「できたてに近いお酒」であるということです。

非常に深く、ずっしりとした味わいになる傾向があります。

生酒(きざけ)は加熱処理をしていない日本酒のことです。

しぼりたての新鮮な香りや風味を味わえるため、冷やして飲むのがおすすめです。

原酒とは、上槽後加水調整をしていないお酒のことです。

上槽とは、醪(もろみ)から生酒(なまざけ)を搾る工程をいいます。

調整をおこなっていない原酒は、アルコール度数も高く、味わいも非常にふくよかです。

生酛(きもと)づくりは、自然の乳酸菌の力で、酵母が活動しやすい状態を作り、アルコール発酵を促進します。そして、山卸しという伝統的な米をすり潰す作業を行う醸造方法をいいます。

山廃(やまはい)づくりは、生酛づくりの、山卸しという手間暇を行わない作り方を言います。いわゆる、生酛づくりの省略版です。

生酛(きもと)造りや山廃造りの日本酒は、深みのある味わいとコクが魅力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました