着物の着付けに必要なものとは?

日本文化

はいみなさんこんにちは。

着物を着るには、着物の種類にもよりますが、必要な小物があります。

今日は、その小物たちを紹介していきたいと思います。

1、肌襦袢(じゅばん)・・・上半身に身に着ける着物用肌着です。一般に、肌襦袢と裾除け(すそよけ)はセットとされていますが、最近ではワンピース型の肌着「着物スリップ」も販売されています。着物スリップは肌襦袢と裾除けの両方を兼ねており、便利です。

2、裾除け(すそよけ)・・・下半身に着ける着物用肌着です。

3、長襦袢・・・着物と肌襦袢の間に着用するものです。着物と同じ様な作りになっているものが一般的です。

4、半衿(はんえり)・・・長襦袢の衿カバーのようなもので、汚れを防ぐ役割があります。

5、衿芯(えりしん)・・・半衿の中に入れるものです。衿をシャキッとする役割があります。半衿には様々な色柄があり、着物の色柄や着用シーンに合わせて選びましょう。

6、腰紐(こしひも)・・・着付けの際に腰紐を使って着物を固定します。長襦袢の着付けに1本、着物に2本、帯に1~2本使用するので、5本あると安心です。

7、伊達締め(だてじめ)・・・腰紐よりも幅が広いベルトのようなもので、着崩れを防ぐ役割のある小物です。長襦袢に1本、着物に1本使うので、計2本準備する必要があります。

8、帯板(おびいた)・・・帯の着付けに使う板で、体の前側に入れることで帯にシワが寄らない様にする補正グッズです。

9、帯枕(おびまくら)・・・帯の上部分を支え、綺麗な曲線が作れるように補助する小物です。

10、帯揚げ(おびあげ)・・・帯枕を固定するために使う布です。

11、帯締め(おびじめ)・・・帯の真ん中に結んでいる紐で、帯を固定する役割があります。

12、足袋(たび)・・・着物用の靴下で、着物を着用する時には必ず履きます。

13、草履(ぞうり)・・・着物用の靴になります。

これら小物は、着物の種類や格などによって用いるものが異なってくるので、もし購入する場合は、呉服屋さんに「こういうシーンで、こういう着物を着たい場合の小物が欲しい」ときちんと伝えることが大切です。

また、半幅帯を用いる場合、必要でない小物(帯枕、帯揚げ、帯締め)もあります。

それではみなさん、着物ライフをエンジョイしましょう♪

コメント

  1. ucretsiz より:

    Thanks for the marvelous posting! I certainly enjoyed reading it, you might be a great author. Alecia Tibold Michiko

  2. yify より:

    This post presents clear idea in support of the new viewers of blogging, that truly how to do running a blog. Ruthie Jodi Beberg

タイトルとURLをコピーしました