落語は、沼。 ~安楽庵策伝の別の顔~

日本文化

はいみなさんこんにちは。

昨今、「教養としての〇〇」という本が流行していますね。

私もその手の本はすごく大好きで、入門書として、

「教養としてのワイン」「教養としてのコンピューターサイエンス講義」「仕事に効く教養としての世界史」「教養としての認知科学」「13歳からのアート思考」「知的教養日本美術鑑賞」は一通り読みました。

それらの本は、知的快楽としてはとても楽しいものでした。

そして最近読んだ本が、「教養としての落語」。

読んでからというものの、落語の魅力にとり付かれている次第であります。

いやはや、落語は、沼です。

今から、落語は私にとってどんな風に沼なのか、つらつらと書いていきましょう。

「教養としての落語」には、落語の発祥者、安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)という人物の名前が載っていました。

誰~~~~wwww

でもめっちゃ興味ある。

私、調べました、安楽庵策伝のことを。

安楽庵策伝は、戦国時代から江戸時代前期にかけてのお坊さんです。

当時、お坊さんは、仏教の教えをわかりやすく、そして面白くお話しする必要がありました。

そこから、落語が出来てくるわけですが、今日は彼の違う顔の話をしたいと思います。

1623年、彼は、塔頭竹林院を創りそこに隠居しました。

そして、その境内の茶室、安楽庵に入って数寄三昧の身の上となりました。

そう、彼は、落語の発祥者という顔やお坊さんの顔だけでなく、茶人の顔、そして数寄者の顔も持ち合わせていたのですね。

そしてここからがもっと面白い話。

茶人の小堀遠州とめっちゃ仲良かったらしいですよ。

え~~~~!!!!

マジか!

安楽庵策伝、誓願寺というお寺に勤めていた時、小堀遠州に茶室を作ってもらってたそうです。

めっちゃ仲ええやんw

さらに、彼は美濃の金森氏(金森宗和の筋ですね)の生まれで、古田織部に茶を学んだそうです。

ドップリ茶人じゃん。。。

今まで、「主人を笑かす人物としての安楽庵策伝」という像が独り歩きしてしまい、彼の本来の人物像がぼんやりしていたのかもしれません。

当時、一流の茶人になるためには、単に茶道の奥義を究めるだけではなく、はなし上手でなければなりませんでした。

そういう人物を̪「御咄の衆」と呼ぶのですが、金森長近(安楽庵策伝の兄)、織田有楽(織田信長の弟)、古田織部、道阿弥などはいずれも秀吉の「御咄の衆」だったそうです。

ビップかよ、みんなビップかよ。。。

こんな風に見ていくと、「落語」という概念も、脱構築して再構築していきそうですね。

引用文献:関山和夫著『安楽庵策伝和尚の生涯』

タイトルとURLをコピーしました