王維の詩を楽しもう

世界の文化・アート

みなさんこんにちは。今日は、王維という唐代の詩人の詩を楽しんでみましょう。

王維は、李白や杜甫と共に、唐を代表する詩人の一人です。

彼は官位も高くまで昇りましたが、官僚としてよりも、詩、絵画、音楽、さまざまな分野の芸術において一世を風靡した、才能豊かな人だったそうです。

時代の寵児といってもいい華やかさに包まれた人でしたが、彼自身はもともと自然のなかの静かな暮らしを好みました。

俗界を離れた、浄化された世界を描いた王維の詩は、日本でもとりわけ愛好されました。

私は王維の詩を書き下し文で読んだとき、ヨーロッパの印象派のような色鮮やかさを彷彿としました。

ぜひキラキラとした言葉の美しさを、感じ取ってみてください。

竹里館

獨坐幽篁裏

弾琴復長嘯

深林人不知

明月來相照

竹里館(ちくりかん)

独り座す 幽篁(ゆうこう)の裏(うち)

琴(きん)を弾(だん)じ復(ま)た長嘯(ちょうしょう)す

深林(しんりん) 人知らず

明月 来たりて相(あ)い照らす

竹里館

ひとり、やや暗い竹篁(たかむら)の中に座る。

琴をつま弾き、声長くうたう。

深い林のなかは知る人もいない。

月が昇ってきて、わたしを照らす。

「竹」といえば、3世紀の魏の時代の哲学者たちが、月夜の下、竹林にて酒を酌み交わしながら議論に耽った「竹林の七賢」が思い浮かびますね。

この詩の中の「琴」と「嘯」には、隠逸者の暗喩があります。

したがって「竹里館」の人物は、竹に囲まれた館のなかで、隠者らしく、琴をつま弾いたりうたったりしているのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました