茶道の歴史を英語で説明してみよう

英会話レッスン

はいみなさんこんにちは。

茶道の歴史を英語で説明してみましょう。

Tea was brought from China by the monk Eisai in the 12th century.

茶は、12世紀に、栄西によって中国からもたらされました。

During the Kamakura period, it was drunk among high societies such as aristocrats and samurai.

鎌倉時代、貴族や武士などの上流社会の間で、茶が飲まれました。

In the 14th century, a gambling called “Tocha” was popular where people drank tea and guessed the brand.

14世紀、「闘茶」という、茶のブランドをあてるゲームが流行しました。

Until the 15th century, it was popular to have a gorgeous tea ceremony using gorgeous tea ware imported from China.

15世紀までは、中国から渡ってきた豪華な茶碗を使った、豪華な茶会が主流でした。

However, the tea master Murata Shuko banned gambling at the tea ceremony and insisted that the spiritual exchange between guest and the host at the tea ceremony by emphasized.

しかしながら、茶人である村田珠光は、茶会で行われる闘茶を禁止し、茶会における客人と亭主の精神交流を重視するように説きました。

It is said that this led to “Wabi-cha”.

それが「侘茶」に繋がりました。

After that, Sen-no-Rikyu made the tea ceremony culture a great success.

その後、千利休が茶道の文化を大成させました。

In the Edo period, tea spread to the townspeople.

江戸時代では、茶は町人の間にも広まりました。

Since the Meiji era, the tea ceremony has become widely known as a way of performing arts.

明治時代以降、茶道はひとつの芸の道として広く知れ渡ることになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました