夫が家に帰ってこない、家にお金を入れてくれない・・・どうすればいいの?

身近な悩みに寄り添う法律相談

はいみなさんこんにちは。

今日は、家に帰ってこない夫に、「帰ってきてほしい」と、法律をもって伝えられるかどうか、という話をしていきたいと思います。

まず、民法752条には、同居義務があります。夫婦が同じ家に住む、というのは結婚の本質です。

ただし、旦那さんが単身赴任や入院をしているなど、別居している理由があるならば、話は別です。

さて、旦那さんが帰ってこない場合、家庭裁判所で、一緒に住みたいと、調停(ちょうてい、問題解決の方法のことです)を申し立てることが出来ます。

調停というのは、「話し合いの場」です。調停をしたくても旦那さんがその場に来てくれない場合もあります。

そのときは、審判(しんぱん)手続きに移ります。つまり、裁判です。

旦那さんが家にお金を入れてくれないときも同様です。

そもそも、夫婦はお互いに協力しましょう、という話は、法律にもきちんと書いてあります(民法752条)。

まずは旦那さんと話し合いましょう。それでもし話し合いで解決できなかったり、そもそも話し合ってくれない場合は、家庭裁判所(かていさいばんしょ)に、調停(ちょうてい)や審判(しんぱん)を申し立てることが出来ます。

先ほどの話に戻りますが、審判によって「旦那さん帰ってきなさい!(同居を命じる審判)」という結果になったのにもかかわらず、旦那さんが帰ってこない場合は、どうしたらいいでしょうか。

結論を言いますと、国が法律をもって旦那さんを家に帰すことができないんです(国家権力により強制的に同居させることが出来ない)。

最後の手として、離婚という方法があります。

え、でもちょっと待って、おかしくない?

旦那さんのことがまだ好きなのに離婚っておかしくない?

旦那さんと一緒にいたいのに、離婚っておかしくない?

最終的な解決方法が離婚って変じゃない?

そう思ったアナタ。ぜひ「法テラス」を利用してみてはいかがでしょうか。

お近くの法テラス(地方事務所一覧)|法テラス

法テラスは、弁護士や司法書士の方が、あなたの相談に無料で乗ってくれる制度です。

1回の相談につき30分、相談に乗ってくれます。

30分、思ったより短いです。なので、事前に、自分の今の問題を紙に書いて、それを持っていきましょう。

最初から法律の相談なんてちょっと怖い・・・と思ったならば、あなたの住む地域の、市役所の総合窓口に行きましょう。

そして、「生活相談に乗ってほしいです」と伝えましょう。すると、「生活福祉センター」「福祉事務所」のような名前のところを紹介してくれると思います。

そこでは、社会福祉士や生活相談員の方が、丁寧にじっくりと話を聞いてくれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました