離婚した後、夫が養育費を払ってくれるようにするには?また、元夫が養育費を払ってくれない・・・どうしたらいい?

身近な悩みに寄り添う法律相談

はいみなさんこんにちは。

今日は、離婚した後、旦那にお子さんの養育費を払ってもらうようにするにはどんな手続きがあるのかと、離婚した元旦那が養育費を払ってくれないという相談に対して、お答えしていきたいと思います。

まず、離婚するときですが、家庭裁判所(かていさいばんしょ)に行って調停離婚(ちょうていりこん)をします。

そのときに、調停調書(ちょうていちょうしょ)に、旦那が毎月いくら支払う、という記載をしてもらう必要があります。

その調停調書には、強制執行(きょうせいしっこう、国の権力にもとづいて元旦那から養育費を支払ってもらう、という意味)の手続きを取ることが出来ます。

離婚予定の旦那がお金をたくさん持ってたら、これを差し押さえて(国の権力によってそのお金を確保すること)、そのお金の中から養育費を得ることが出来ます。

離婚の手続きについて、気になることがあれば、家庭裁判所にたずねてみましょう。

全国の家庭裁判所の電話番号一覧

さて。元旦那がお子さんの養育費を払ってくれない!というお話についてです。

まず、調停をおこなった家庭裁判所に対して、履行勧告(りこうかんこく、決められたことは守りましょうと相手に告げること)の申し出をする方法があります。

しかし、元旦那がそれに応じなかった場合、家庭裁判所は強制的に元旦那から養育費をむしり取ることはできません。

次の方法として、調停をおこなった家庭裁判所に対して、履行命令(りこうめいれい、決められたことは守りましょうと相手に命令すること)の申し立てをする方法があります。

あなたの申し出を受けた家庭裁判所は、元旦那に対して、養育費を支払うよう命令します。

履行命令の場合、元旦那がそれに従わない場合、10万円以下の過料(かりょう)が課される可能性があります。

なので、履行命令の方が強力です。

最後に。元旦那の養育費を待ってられない、もう生活できない、といった相談に対しては、「婦人保護施設(ふじんほごしせつ)という施設があります。

一度、お近くの市役所の総合窓口や婦人相談所で、婦人保護施設についてたずねてみましょう。

婦人相談所の電話番号一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました