西洋アートを時代順にやさしく解説

世界の文化・アート

みなさんこんにちは。

今回は、西洋アートを、時代順に解説していきたいと思います。

<古代ギリシャ・ローマ>

古代ギリシャから人間中心の現実主義が始まり、人間美に目覚めました。

ここでの写実の成立が、西洋美術の骨格を形成します。

アレクサンドロス大王の東方遠征、ローマ帝国におけるその継承と発展を経て、ギリシャ文化は広く根付きました。

イタリア半島に起こったローマ文化は、ギリシャ系の先住民族から大きな影響を受けました。

<ビザンティン>

313年、ローマ帝国でキリスト教が公認される頃、ローマ帝国は東西に分裂し、のち西ローマは滅亡しました。

東ローマはビザンティン帝国とも呼ばれ、その後1000年にわたって繁栄しました。

ビザンティン美術は、モザイク画に代表されます。

ここで、キリスト教美術が発生します。

5~6世紀のモザイクとしては、ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂のモザイクが有名です。

<ロマネスク>

西方のキリスト教美術は、ローマ建築を手本としたロマネスク(ローマ風の、という意味)美術をもって再興されました。

聖書の物語を絵解く、布教のための絵画がフレスコ画として書かれました。

この時代には、ミニアチュール(写本挿絵)も布教のための大事な道具であり、羊皮紙に彩りも美しい福音書がつくられました。

<ゴシック>

ゴシックという名称は、ゴート族と呼ばれた部族に由来します。

フランス、ドイツを中心に、天を衝く高い塔、ステンドグラスなどの特徴をもつ大聖堂が次々とつくられました。

<ルネサンス>

15世紀に入りイタリアのフィレンツェには、人間と自然に着目した新しい表現が生まれました。

キリスト教中心の1000年にわたる中世が終わり、ギリシャ・ローマ時代に理想を求めた人間像が復活します。

ルネサンスとは、人間中心の古典文化の再生を意味します。

この時代の代表的な画家は、フラ・アンジェリコ、ボッティチェルリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロなどがいます。

<マニエリスム>

マニエリスムの語源は、手法という意味の「マニエラ」からです。

ダ・ヴィンチなどの巨匠たちの作風を、追従した画家を多く生み出しました。

マニエリスムの絵画の特徴は、様式化されていること、技巧を極度に追求したことが挙げられます。

<バロック>

バロックとは、ポルトガル語で「ゆがんだ真珠」を意味します。

絵画においては光と影の振幅を劇的に強調した、ダイナミックな表現をみせました。

この時代の代表的な画家は、ルーベンス、レンブラント、カラヴァッジョ、フェルメール、ニコラ・プッサンなどがいます。

<ロココ>

18世紀には、パリがローマにかわってヨーロッパ美術の中心となりました。

優美で日常的な様式をロココと呼びますが、これはつる草や貝殻をあしらったロカイユ模様が由来です。

<新古典主義とロマン主義>

フランス革命後、美術界は、力強い古典的な描写へ方向転換がありました。

しかしその一方で、ロマンを求めた画家たちもいました。

ロマン派で代表的な画家は、ドラクロワ、ジェリコーなどです。

<バルビゾン派>

華やかなパリのサロンに反して、農村の日常生活に人間本来の生き方をもとめた画家がいました。

その名はミレー

あるがままの自然を求めた画家たちを、バルビゾン派と呼びました。

<印象派>

モネ、ルノワール、セザンヌなどが、パリのサロンの動きとは別に、印象派展を開催しました。

従来のサロンは、神話、歴史物語などを描く作品で占められていました。

しかし、印象派と呼ばれるグループは、色彩の表現の仕方などで旧来の常識を塗り替えました。

<象徴主義>

光に溢れた日常を切り取った印象派とは逆に、夢や楽園の幻想などを描く象徴主義の展開が現れました。

この時代の代表的な画家は、モロー、クリムトなどがいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました