なぜビジネスにアート思考が必要なのか

ブログ

みなさんこんにちは。

昨今、ビジネスにアート思考が必要であることがさかんに言われるようになってきました。

なぜビジネスにアート思考が必要なのか、今日は解説していきたいと思います。

すでに世界では、多くの企業や教育機関がアートの重要性を認識しています。

私たちの生活のあり方を、根底から変えるようなサービスや製品を創り出している人々が、アートの重要性を訴え始めています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、アルベルト・アインシュタイン、スティーブ・ジョブズといった偉人たちには、共通点があると言われています。

それは、領域や専門性を越えた発想や考え方を持っていることです。

日本には技術力があります。しかし、それを十分に活かせていません。

なぜでしょうか。それは、日本企業の多くが、世界の変化を単なる「技術力の向上」や「テクノロジーの進歩」と捉えているためです。

重要なのは、テクノロジーの進歩によって人々の価値観がどう変化しているかを観察することです。

21世紀においてアートは、これまで無関係だった点と点とを結び、新たな意味を社会にもたらす重要な役割を持っています。

「好奇心」「創造意欲」を掻き立てる点において、起業家はビジネス界のアーティストであると言えます。

プログラマーであり画家でもあり、またエッセイストでもあるポール・グレアムは、自分の経験をもとにエッセイを書き、それを『ハッカーと画家』としてまとめ、出版しました。

ハッカーと画家の共通点は、何かを作ることを目指し、よいもの、美しいものを作るためにインスピレーションを必要としていることです。

グレアムは、自分の考えをこうまとめています。

「すばらしいソフトウェアをつくるには、絵画同様、美への徹底したこだわりが必要である」と。

企業にとってアートは重要です。独自の考え、独創性、革新性がなければ、企業は生き残ることができないから。

また、有史よりアーティストは、文化・価値観・願望をよく観察し、色々な方法でそれを表現し、鏡のような役割を果たしてきました。

顧客を理解するには、いまの世界に身を置くことが重要です。

以上の共通項から、ビジネスにアート思考が必要であると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました