夢を諦めるということ

私は、夢を諦めようと思います。

大学を卒業して、念願だった京都に移住したのは、23歳の春。

最初は、着物が好きと言うだけで、さほど大きな夢は抱いていなかった。

毎日京都のお寺や神社に行っては写真を撮ったり、

京都の学生と仲良くなって、オタクでサブカルな界隈に出入りしたり、

友達に着物を着せて、自分も着物を着て、友達と一緒に観光地を巡って写真を撮ったり、

祇園のクラブでホステスとして毎日着物を着て出勤したり、

茶道や日本舞踊のお稽古に通ったり、

キラキラした写真をインスタグラムに投稿したり、

呉服屋や着物レンタル店でアルバイトをしたり、

着物ポートレート写真集を自費出版したりして楽しんでいた。

それなりに楽しい時間を過ごせていたと思う。

そのあとに、大きな夢を抱くことになる。

「観光ガイドになる」という夢。

英語で外国人に日本文化や東洋哲学を説明できる人材になりたい、

茶道のお点前を外国人にレクチャーできるようになりたい、

日本文化の魅力を世界に発信できるようになりたい。

そんな夢が膨らんでいった。

それからは、少ししんどい生活をしていたと思う。

思うように収入が得られず、ゆえに茶道のお稽古にも満足に通えず、

英会話教室にも満足に通えず、

お洋服もごはんも満足に買えなかった。

好きなだけ好きなようにお金を使える、資産家の娘を羨んだ。

小さなころから茶道を習わせてもらっているお嬢様を羨んだ。

なんで自分だけこんな苦しいんだろうって自分の境遇を恨んだ。

完全に行き詰った。

そして逃げるようにして、沖縄の石垣島へ移住した。

そこではダイビングのライセンスや船舶の免許を取得したり、

ダイビングをしたときの動画をユーチューブに投稿したりと、

割と楽しく生活をしていた。

しかし、夢は諦めていなかった。ずっと心の隅に残ってた。

そして今、私は京都でも沖縄でもない、

まったく違う場所で、まったく違う仕事をしている。

今までは夢に集中していて周りが全く見えていなかったけれど、

京都や日本文化から離れてみて気付いたことは、

日本文化なんて、別にそんなに大きな騒ぎではないということ。

グローバルに活躍するとなれば、

自国の文化は外国人に紹介できるようになるべき、

みたいな強迫観念があったけど、

「ニューノーマルな人間として、ただただシンプルに多国籍企業で仕事ができる人材」

として存在してもいいんだということに気付いた。

それでいいんだと分かったとき、大きな荷が下りたようで、

スッキリした。

私はもう、夢を諦めていいんだ、って、ラクになった。

夢にがんじがらめになってた。

開放されたと思う。

これで私は、

自分の給料を好きなようにお洋服に使えるし、

好きなように化粧品に使える。

普通の「女子」の生活ができる。

夢を諦めたことで、

私は今後も、今の業界で生きていこうという覚悟ができた。

実際に、今の業界がものすごく楽しい。やりがいもある。

私はここで成長したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました