センス・オブ・メイキング

人工知能や機械学習、コンピューティング、アルゴリズムの社会の中で、文化的探究を続けていくことの価値

シリコンバレー的考え方

未来へと一気にジャンプしようとする破壊的な想像を掲げている。

あらゆるものを数値に置き換える、数値化へのこだわり

QS(自己定量化)というムーブメント

シリコンバレーで人気を集めている技術コンセプトの一つに、「摩擦ゼロ(フリクションレス)」がある。イノベーションのスタンダード。

職人の一つひとつの技術的な身振りが物質への問いかけ

それに対して、物質はその性質上の傾向によって反応する。

→つくることは、対応していくプロセス

素材に、あらかじめ考えた形式を押し付けるのではなく、生成する世界の中で、素材に内在する潜勢力を引き出して力を産出すること。

我々がなぜ人間なのかといえば、我々がさまざまな社会的文脈の中に存在しているから。

パリにあるカフェで行われている、目に見えない背景の営みには、フランス文化が反映されている。フランス流の感性について何らかの理解を得ようと思えば、最初に訪れるべきは、パリらしいカフェということになる。

洗練された現代の都会の住人は、オシャレな家、車、服など、これ見よがしの富にあまり関心が無い。

今日のステイタスの大部分は、「食」に関わる行いや習慣である。

スーパーマーケットは、料理に関する文化的な語りが展開される舞台装置であった。

ゴッフマン「行為と演技」・・・人間関係の中で個人が自身の印象をどのように操作しているのか。

人前でのパフォーマンスをする空間を「表舞台」と呼び、その反対を「裏舞台」と呼んだ。

表舞台でのパフォーマンスの成否は、「裏舞台」でのプライバシーと息抜きにかかっている。

人間は、創造性をどのように体験しているのか。

英語には受動態と能動態があるが、古代ギリシャ語にはそのどちらでもない中間態なるものが存在する。

我々が環境と一体化し、我々の存在を支える資質や意味の連なりとの境界線がはっきりしない状態。

→「ひらめき」とは中間態のようなもの。

創造性やひらめきについて

自分の意志とは関係の無い所で得られる恵み

そのひらめきや創造性を、より豊かなものにしていくために、効率の良い最短距離データではなく、一見無駄で遠回りのように思える、芸術や文化、音楽や詩に触れることが重要である。

タイトルとURLをコピーしました