どんな未来をつくりたいか

ブログ

みなさんこんにちは。

最近、マナブさんみたいな生活に憧れる若者が増えましたね。

マナブさんは、「日本の集団的な感じが嫌い」と言って、

海外移住して投資で稼ぎ、優雅な生活を送っている方ですね。

私もそういう生活に憧れました。

タックスヘイブンやオフショアの勉強もしました。

自分はどういう人生を送りたいのだろうと、色々模索しました。

私はリゾート地でまったり暮らすのが最終ゴールなのかなと思い、

沖縄の離島でリゾートバイトをしたことがあります。

しかし、私はどうしても常に情報吸収していたい人間で、

読書する強い習慣がついていたため、

離島の図書館と書店の小ささに嘆き、

毎日マックに籠って英単語をずっとしていたのを覚えています。

浜辺でまったりとか、

リゾートホテルの写真を撮ってインスタに挙げるとか、

現地のごはんやお酒をいただくとか、

船舶免許を取得するとか、

ダイビングのライセンスを取得するとか、

1週間あれば出来る。

私はまったりしたいわけじゃなかったんだ、ということに気付きます。

じゃあ、なんで本島での生活が嫌になったのだろう。。。

色んな生活を経験した結果、

私は1億稼ぎたいわけでもなく、

地方でそこそこ稼いで、家賃の安いところでミニマリストとして暮らすでもなく、

絶対に京都で着物や日本文化、日本史に囲まれて生きていきたいことに気付いたわけです。

どんな仕事でも、仕事があるだけありがたいのですが、

そこそこ8時間稼ぐ、という、その自分の8時間を、自分の本望じゃないところに費やすことが、

心の底からやりたくない人間であることに気付いた。

私はそういう人間なんだと。

日本は近いうち、崩壊する、という話が溢れ返っています。

それでも私は死ぬまで日本にしがみついて死んでいくと思います。

たぶん、世界情勢を見ながら、どこの会社に投資しようかとか、

米国債かインデックスかとか、

ワンクリックで株を買ってそのあとはぬくぬく優雅に暮らす、とか、

海外の豪華な別荘でパーティーやって、著名人とツーショットで写真を撮って、

それをインスタグラムに投稿して承認欲求を満たすとか、

たぶんそういう人生、楽しくなさそう。

着物を着てみんなであーでもないこーでもないと異文化交流しながら、

京都を練り歩くということをずっとやってたい。

私はそういう人間なんだって、

ようやくたどり着いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました