決算書の貸借対照表って何? ~資産家になろう!シリーズ~

みなさんこんにちは。

今日から、「投資家になろう!」というシリーズで記事を書いていこうと思います。

投資家は、企業の決算書に目を通して、「これから伸びる会社かどうか」を判断し、投資の判断材料にしています。

したがって、投資家になるには、決算書を読めるかどうかがカギとなっているのです。

決算書の全体像

上場企業は、年に1度、有価証券報告書を税務署に提出します。

有価証券報告書とは、決算書に事業内容の説明などを加えた書類です。

その有価証券報告書は、誰でも閲覧できます。

決算書は、一般に①貸借対照表(B/S)、②損益計算書(P/L)、③キャッシュフロー計算書(C/S)のほか、④株主資本等変動計算書(S/S)の4つからなります。

★投資家が決算書を読む目的は、株価の値上がり益を見てリターンを考えるためです。

貸借対照表(B/S)とは

財産に関する情報(財政状態といいます)をまとめたものが、貸借対照表です。

貸借対照表とは、バランスシートのことを指します。

B/Sでは、左側に資産をまとめ、右側には負債と純資産をまとめます。

資産の合計額と、負債と純資産の合計額は、必ず一致します。

貸借対照表には実際に何が記載されているのか

左側(資産)には、企業が保有している現金や、建物などの財産の情報が記載されています。

右側(負債と純資産)のうちの負債には、企業の借金や債務などが記載されています。純資産の中には、経営者が会社を設立する際に入れたお金や、会社が利益をあげることで獲得したお金の情報が記載されています。

B/Sは、会社にどのような資産があるかという財産の状態、「その財産を、誰から、どのように調達してきたのか」という調達の状況、「企業の財産がどのような形で運用されているのか」という運用の情報が把握できます。

「資産」のうちの、資金の回収期間が1年以上の長い者(建物・土地など)を固定資産、1年以下のもの(現金・製品など)を流動資産といいます。

「負債」のうちの、長期的に企業が返済しなければならないもの(社債・長期借入金など)を固定負債、短期的に企業が返済しなければならないもの(買掛金・短期借入金)を流動負債といいます。

「純資産」とは、返済が不要な資金のことです。純資産には、経営者が会社を作るときに会社に入れたお金(資本金)や、今までの利益(利益剰余金)などが記載されます。

執筆者:山本和華子

もっと詳しく知りたい方はこちらの本がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる