川原卓巳著『Be Yourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書』の要約

目次

自分らしく輝くたのめ5つのステップ

①自分を知る

まずは片付けから始めてみましょう。

家の中にあるモノの一つひとつは、過去にあなた自身が選んで家の中に迎え入れたものです。

生まれてから今日にいたるまで、あなたがくだしてきた意思決定の結果が、今のあなたの家の中の風景なのです。

すなわち、家の中のモノたちは、過去のあなたそのものなのです。

片付けとは、過去の自分を知って、これからの自分がどうありたいのかを決めていく作業なのです。

余計なものを手放したら、次は「好き」「楽しい」「やってみたい」につながる本来のあなたを見つけていきましょう。

無理なく続けていることが、あなたの「好き」のサインなのです。

まずはそれを続けてみましょう。この時点ではまだ、それで稼げるかどうかは考えなくても大丈夫です。

大事なのは、稼げるくらいのクオリティに到達するまで、「これが好き、楽しい!」という気持ちを維持していくことです。

②自分を活かす

これからは個として、どんな価値をつくれるかが問われる時代です。

強みを補い合える人とつながって、強みの違いを活かしながら、世の中に貢献する方法を見つけていきましょう。

まずは誰か一人の役に立ってみましょう。

例えばデザインが得意なら、独立したばかりの友達のサイトデザインを手伝ってみるなど。

自分の価値を活かせる出番を、積極的に探してみましょう。

誰か一人の役に立つと、それは一つの実績になります。

結果を焦る必要はありません。じっくりといきましょう。

今、有名であるかはまったく関係ありません。

結果的に有名かどうかよりも、今、自分の心がよろこぶ状態でいられるかどうかが大切なのです。

③自分を発信する

「好き」や「得意」を活かして、少しずつ誰かの役に立つ経験ができましたら、次はそれを発信するステージに移りましょう。

まずは、あなたが共感・尊敬できる人を探して、SNSをフォローしてみたり、メルマガを購入してみたりなど、「受け取る」ことを始めてみましょう。

発信することを前提に、まずは受信者となることで、発信者になるための予習ができます。

自分が大切に思うことはなんでしょうか。

これから何がしたいのでしょうか。

自分のできることの中で、何を世界に役立てたいのでしょうか。

どんな未来を引き寄せたいのでしょうか。

自分を最大限表現して、発信してみましょう。

そのときのポイントは、最初から完璧を求めないことです。

まずは発信することから始めてみましょう。

普通に日常を送っていたつもりなのに、突然、強く惹かれるような波を感じることはありませんか。

そんなときは、思い切って乗るのが吉です。

④環境を変える

あなたは、どういう人と一緒に、どんな未来をつくっていきたいですか?

あなたがあなたらしく輝くには、出会いが大切です。

共感・共鳴し合える仲間の力を借りることが必須なのです。

チームで何かをやっていくうえで、「助けて」とヘルプが出せることがとても重要です。

ヘルプを出す際に、何が目標なのか、自分には何ができて、何が足りないのか、具体的にどんな助けを求めているのかを明確にすることが大切です。

「助けて」と上手に言えるだけで、心強い味方が増えていくはずです。

最後の、「⑤自分を磨き続ける」は、ぜひ本書を手に取って、読んでいただければ幸いです。

オリジナルバッグを販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
「暮らしに教養の深みと愉しみを」をモットーに、記事を執筆しています。

目次
閉じる