書評

書評

柳亭小痴楽著『まくらばな』読後感想文

はいみなさんこんにちは。 先日、柳亭小痴楽さんという落語家の存在を知りました。 キャラって顔ににじみ出ると思ってるんですけど、 小痴楽さんの顔って、なんかサブカル文学女子の心をくすぐるところがあるなぁと 思ってたん...
書評

元キラキラインスタ中毒女子が『暇と退屈の倫理学』を読んだら?

はいみなさんこんにちは。 今日は、國分功一郎著『暇と退屈の倫理学』の感想文を書こうと思います。 誤読があったらすみません汗 私は元々、キラキラインスタ女子でした。 「暇」さえあれば着物に身を包み、茶道体験サロンや祇...
書評

ル・コルビジエとは?どんな人物だった?建築作品は?

今日は、建築の巨匠と言われる、ル・コルビジエについてご紹介していきたいと思います。 コルビジエは、スイス出身で、おもにフランスで活躍した建築家です。 彼は、機能主義建築の提唱者でしたが、晩年はフランスのノートル・ダム・デュ・オ...
書評

菊池成孔著『ユングのサウンドトラック』 要約

今日は、菊池成孔著『ユングのサウンドトラック』の要約を書いていきたいと思います。 この本は、映画の挿入歌に対する評論をまとめたものです。非常に面白かったです。 ・フランス人映画監督のゴダールの作る映画は、音と映像のシンクロ率0...
書評

さあ、歌舞伎を観に行こう!初心者にもわかる歌舞伎のあれこれ

今回は、辻和子著『歌舞伎の解剖図鑑』をもとに、歌舞伎のあれこれに迫っていきたいと思います。 それではいってみましょー。 演者は、登場しただけでその人物らしく見えるのが前提です。 その人物らしくというのは、例えば大名とか、...
書評

渋沢栄一は何を考えて行動に移していたのか?

渋沢栄一をみなさんご存知ですか? 渋沢栄一にどのようなイメージを持っていますか? 渋沢栄一は、日本の実業家です。一橋家(江戸時代の御三卿(ごさんきょう)の一つ)に仕えて幕臣となり、パリ万博博覧会幕府使節団に加わって渡欧しました...
書評

鈴木大拙の説く「禅」とは? わかりやすく紐解いてみた

あなたは、鈴木大拙という人物をご存知ですか? 鈴木大拙とは、19世紀から20世紀に活躍した仏教学者です。 彼は、禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広く伝えました。 今日は、上の写真、大熊玄著『はじめての大...
書評

自己肯定感を高めるには? その方法を一挙公開

日本人は、自己肯定感があまり高くないと言われます。 今日は、中島輝著『自己肯定感の教科書』をもとに、自己肯定感をあげるにはどうしたらよいかを解説していきたいと思います。 まず、心を大きく上下させると(一喜一憂のことですね)、心...
書評

インドの神話とは?インド哲学も含めながらわかりやすく解説

みなさんは、どんな経緯があり、インド神話に興味を持ちましたか? 私は、仏教に興味があり、仏教ってインド発祥だよなー、じゃあインドにはどんな思想が根付いているのかなーっていう素朴な疑問から、インド神話に興味を持ち始めました。 今...
書評

投資家のような生き方をしてみたい!そのためには何をするべき?

みなさんこんにちは。 あなたは投資家ですか?投資家の卵ですか? ちなみに私、三好は、投資家のひよこです。 今回は、藤野英人著『投資家みたいに生きろ』という本をもとに、書いていきたいと思います。 ちなみにこの本の著者...
タイトルとURLをコピーしました