読書ノート

スポンサーリンク
読書ノート

「好き」をお金に変える心理学 要約

・お金を使うときに「これは消費。これは投資」と分けて考えること ・好きなことには、惜しまずお金を使おう ・お金を手に入れたら、これを好きな事に使う。好きな事にお金と時間を投入して、その分野についての知識やスキルを高めていけば、...
読書ノート

思考は現実化する(上) 要約

はっきりとした願望や目標を持つこと。 この価値ある願望や目標を達成するために、燃えるような意欲を育むこと。 これこそが、あらゆる成功への出発点である。 人生では、行動して、初めて希望するものを手に入れることができる。 ...
読書ノート

起業しようと思ったら知るべきこと ~ブランディングから確定申告まで~

価値観の合う仲間と助け合い、自分らしいやり方で社会に貢献し、お客様に感謝されながら、経済的にも精神的にも豊かになるビジネスを考える。 あなたの興味、経験、強みがお金にかわる。 「松竹梅」の3つの価格帯を設定すること。 →...
読書ノート

人類学・考古学・芸術・建築 ~つくることの本質~

<第一章> グレゴリー・ベイトソン「二次学習」・・・世界についての事実を暗記することを目的としない。自然から学べるようになることを重視する。世界自体が学習の場となる。 考えることとつくることの関係 現在生じていることと世...
読書ノート

文化人類学入門

環世界という概念によって明らかになるのは、誰も「自然そのもの」や「世界そのもの」を知覚してなどいないということ。 私たちは、みずからの身体と技術を通して何らかの関係性をつくり出せる世界を生きることしかできない。 呪術には、科学...
読書ノート

現代アートの楽しみ方

日比野克彦「自分の好きな事をちゃんと自分の仕事にしていくというのは大事。自分をプロデュースする。好きな事を好きだと表現するため、その表現の手段としてアートがある。何をするかということと、好きな事は、自分のなかで分けずにやることが、アートを...
読書ノート

幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない ラス・ハリス  要約

原始人の心を占める最優先事項は、危険を避けることだった。 原始人の心は、「殺されない」ために発達してきた。 「幸せのため」には発達してこなかった。 幸福とは、豊かな、満ち足りた、意味のある人生をいう。 生きるに値す...
読書ノート

建築デザインと色彩

建築設計というのは、気候・風土の側面から社会的・文化人類学的な側面まで幅広く検討されながら、建築の成り立ちと場所との関係が語られ、文脈が読み込まれた、意識された空間や環境が建築家によって作られている。 設計する側が、何かしらの意図を...
読書ノート

シルクロード美術鑑賞

ペルシア芸術の装飾への情熱は、B.C.4000年の彩文土器の器においてもすでに明らか。 古代ペルシアには、雨をもたらす天空への篤い信仰心があった。 スーサ出土の彩文土器・・・太陽を表す丸型と、天空を表す四角い波型が描かれている...
読書ノート

キュレーション、宗教入門

<キュレーション> キュレーターは、巧みなテーマ設定や作品の選択・ディスプレイなどによって鑑賞者を誘惑し、心をゆさぶる忘れがたい体験を演出すると共に、展覧会などの実践を通じ、社会に対して批評や思想の提案を行う。 キュレーターの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました