古典派音楽を英語で表現してみよう

18世紀から19世紀前半の西洋音楽史は「古典派時代」と呼ばれ、音楽は大きく進化していきます。

The history of Western music from the 18th century to the first half of the 19th century is known as the “Classical Era,” and music evolved greatly.

evolve:進化する

古典派は、バロックの後に始まった様式を言います。

Classicism refers to the style that began after Baroque.

refer to:言及する

この時代、産業革命とフランス革命という2つの大きな歴史的事件が、市民の人生観や価値観を大きく変えていきました。

During this era, two major historical events, the Industrial Revolution and the French Revolution, greatly changed the way citizens viewed life and values.

industrial:産業の

revolution:革命

value:価値、価値観

つまり、「市民」が世の中の主人公となります。

In other words, “citizens” will be the protagonists of the world.

protagonist:主役、主人公

古典派の中でも、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェンは3人合わせて「ウィーン古典派」と呼びます。

Among the classics, Mozart, Haydn, and Beethoven are collectively called the “Viennese classics.

among:~の中で

collectively:合わせて

Viennese:ウィーンの

18世紀後半に入ると、市民がコンサートへ行き、音楽を楽しめる時代となりました。

In the latter half of the 18th century, citizens were able to go to concerts and enjoy music.

be able to :できるようになる

古典派時代では、華麗で明快なメロディが主流となっていきました。

In the classical era, brilliant and clear melodies became the norm.

brilliant:華麗な

norm:標準、主流

またこの時代、チェンバロが進化し、ピアノの前身となる楽器が開発されました。

It was also during this period that the harpsichord evolved and the forerunner to the piano was developed.

evolve:発展する、進化する

forerunner:前身

develop:発展する

執筆者:山本和華子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる