堀龍市著『暗号資産の基本と仕組みがよ~くわかる本』の要約

暗号資産とは、インターネット上で取引ができる通貨です。

日本円やアメリカドルといった通貨と、暗号資産の最も大きな違いは、銀行などの金融機関を介さずに通貨のやりとりができるところです。

暗号資産は、「暗号資産交換業者」から直接、入手したり換金したりします。

暗号資産は、元々「仮想通貨」という名称で呼ばれていました。

しかし、2018年に、仮想通貨は通貨としての特性を欠いている、と指摘されました。

流通体制や管理体制が脆弱すぎると問題になりました。

それで、通貨と明確に区別するために、「暗号資産(Crypto Asset)」と呼称されることになりました。


【暗号資産の種類】

●アルトコイン・・・ビットコインの代替コインのことで、ビットコイン以外のすべての暗号資産を示す言葉です。アルトコインは現在、1500種類以上と言われています。ただし、アルトコインの中で、現時点で価値があるものはほんの数種類です。

●ビットコイン・・・ビットコインの特徴は、個人間のP2P技術で運営される完全分散型のシステムで、管理者の存在しない非中央集権型の電子決済システムであるという点です。ビットコインは、暗号資産の中で基軸通貨としての役割を果たしています。通貨単位はBTC。

●イーサリアム・・・ビットコインに次ぐナンバー2の暗号資産。イーサリアムは、分散型アプリケーションのプラットフォームのために開発されました。イーサリアム最大の特徴として、スマートコントラクト技術の利用があります。スマートコントラクト機能とは、契約の自動実行のことです。取引契約を、人の手を介さず、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するための仕組みです。通貨単位はETH。

●イーサリアムクラシック・・・イーサリアム上に作られた、あるサービスのハッキングにより、巨額資金が盗まれるという事件が起き、その事件をきっかけとして生まれた暗号資産です。通貨単位はETC。

●リップル・・・電子決済システムに特化したプラットフォーム。リップルは、中央集権的な管理者のいないビットコインと違い、リップル社によって運営・管理されています。リップル社の特徴は、企業間取引や国際間取引の円滑化を目的に開発されたことです。

●ネム・・・ネムとは、ネムプロジェクトという、新しい経済活動を意味するプロジェクトの名称です。ネムプロジェクトの目的は、機会の公平性や富の分配、自由な取引などで、特定の中央集権化を解消し、新しい経済の仕組みを作ることです。通貨単位はXEM。

本書にはこのほかに、暗号資産の具体的な売買の方法や、暗号資産にまつわる税金についても詳細に書かれています。

もっと詳しく知りたい方は、コチラから本を購入できます。

オリジナルバッグを販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
「暮らしに教養の深みと愉しみを」をモットーに、記事を執筆しています。

目次
閉じる