キャッシュ・フロー計算書って何? ~資産家になろう!シリーズ~

キャッシュ・フロー計算書とは、その企業の現金・預金がどれくらい増減したのか、を計算するものです。

キャッシュ・フロー計算書に関わる企業の活動は、大きく3つの活動に区分されます。

1、営業活動・・・本業の営業活動による現金預金の増減

2、投資活動・・・固定資産や、株式などの投資による現金預金の増減

3、財務活動・・・資金調達や、借入金の返済等による現金預金の増減

営業活動によるキャッシュ・フロー(営業C/F)には、企業の営業活動によって流入・流出した現金の動きが記載されます。

投資活動によるキャッシュ・フロー(投資C/F)には、企業の投資活動によって流入・流出した現金の動きが記載されます。

※投資C/Fで見るべきポイントは、現金を投資して、「事業拡大を目指した動きを採れているか」という点です。なので、投資C/Fは「マイナスだからダメ」ということではありません。

※投資C/Fの中で特に着目すべきポイントは、「投資の財源はどこから来ているのか?」「投資先はどこなのか?」などです。

財務活動によるキャッシュ・フロー(財務C/F)は、企業が株式や借入金を通して資金調達を行う際の、調達と返済の状況が記載されます。

もっと詳しく知りたい方はコチラの本がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる