中学生・高校生の学校の授業で、日本文化を英語で発表するというものがあるそうですね!

はいみなさんこんにちは。

今日は、中学生・高校生に向けて、記事を書いていこうと思います。

現代、学校で日本文化を英語で発表する授業があるみたいですね。

ものすごく羨ましいです。

ものすごく貴重な経験だと思うので、

その時間をとっても有意義に使ってほしいなと私は思います。

さて、今日は、「答え」は書きません。

「ヒント」だけ書きます。

まず、発表するにあたり、日本文化について書かれているネット上の記事を、

そのまま翻訳しない方がいいです。

それって、誰でもできることじゃないですか。

そこにいるあなたがやらなくてもいいじゃないですか。

私がオススメしたいのは、

日本文化を実際に体験して、あなたが何を感じて、何を思って、どんな疑問を思ったか。

それって、あなたにしかできないことなんですよ。

例えばね、ヨーロッパの世界遺産巡りして、

「#感動した」

みたいなハッシュタグをつけて、

写真をインスタグラムとかにアップロードするなんてこと、

誰でも出来るんですよ。

でも、例えば、世界遺産のイスファハンの建物を観に行ったときに、

「この壁に使われていた染料や顔料って、どこで採取されたのか、輸入されたのか?」

って疑問に思ったり、

「このデザインって、日本の伝統建築には無い形だな」って比較してみたりとか、

そういう、「実際に見て自分の心で感じたことを言葉にするチカラ」で得たものって、

あなただけのものなんですよ。

だから発表する価値があるんです。

なので、実際に茶道のお点前体験をしたり、能の舞の体験に行ってみてください。

もし、それが無理なら、ユーチューブで、

「歌舞伎」「能」「三味線」「日本舞踊」「茶道 点前」「日本文化 vlog」とかで検索してみてください。

家にインターネット環境が無かったら、音楽の先生か国語の先生に、DVDを見せてくださいって頼みましょう。

せっかく日本文化を学ぶチャンスを、器用に要領よく短時間でそれなりの発表原稿を作る、

という作業で終わるのは、非常にもったいないと私は思います。

それが、進学するための受験に必要じゃないかもしれないけれど、

日本文化を自分の言葉で話すという経験は、

将来、グローバル環境で生きていくために必要なチカラになると思うので、

無駄にしてほしくないなと思います。

執筆者:山本和華子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる