映画やアートで自分の満たされなさを補完したい計画

はいみなさんこんにちは。

仕事とTOEICの勉強ばかりの毎日で、進展してる感覚がなくて死んでしまいそうになっている著者です。

突然ですが、あなたは恋愛してますか?

私は絶賛片思い中です。

ほんでさらに言えばその好きな人とは、今のところ会えません。

会えない寂しさのエネルギーを、仕事のエネルギーに変換させてるというか。

それで、今の気持ちを代弁してくれるような作業用BGMを探したりするわけよ。

でも巷には、陳腐でペラッペラなラブソングしか転がってないわけ。

つまんない。

映画を観に行きたいって思ったわ。

午後2時の京都市左京区の古本屋みたいな感じの映画。

けだるい、ほこりのかぶった、でも愛くるしくて胸が苦しくなる、切なくて心あったまる映画。

サブカル映画ともちょっと違うみたい。

なんだろう、クリープハイプの世界観を映画化したような感じ?

岩井俊二と本谷有希子を足して割ったような感じ?

うまく言えないな・・・

大好きな人に会えないという、大きく欠落した心の穴?みたいなもの?

を補完したくて映画が観たい。

どういう映画がおすすめですか?

岩井俊二の作品は、映像が素敵です。

私の著書、『大人の週末 自由研究』が出版されました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

目次
閉じる