キンドル・アンリミテッドで読める『世界一楽しい決算書の読み方』の要約

投資家は、企業の決算書に目を通して、「これから伸びる会社かどうか」を判断し、投資の判断材料にしています。

上場企業は年に一回、有価証券報告書を税務署に提出する必要があります。

有価証券報告書とは、決算書に事業内容の説明などを加えた書類です。

決算書は、一般的に①貸借対照表(B/S)、②損益計算書(P/L)、③キャッシュ・フロー計算書(C/S)のほか、④株主資本等変動計算書(S/S)の4つからなります。

投資家が決算書を読む目的は、「配当金」や「株価の値上がり益」を見てリターンを考えるためです。

【貸借対照表(B/S)】

「財産に関する情報(財政状態といいます)」をまとめたものが、貸借対照表です。また貸借対照表は、バランスシートとも言います。

B/Sでは、左側に資産をまとめ、右側には負債と純資産をまとめます。

資産の合計額と負債・純資産の合計額は必ず一致します。

<貸借対照表には実際に何が記載されているのか>

・左側(資産)・・・企業が保有している現金や建物などの財産の情報が記載されている。

・右側(負債・純資産)・・・負債には、企業の借金や債務など、純資産の中には、経営者が会社を設立する際に入れたお金や、会社が利益をあげることで獲得したお金の情報が記載されます。

B/Sは、会社にどのような資産があるかという財産の状態が書かれています。「その財産を、誰から・どのように調達してきたのか」という調達の状況、「企業の財産がどのような形で運用されているか」という運用の情報も把握できます。

「資産」のうちの、資金の回収期間が1年以上の長いもの(建物・土地など)を固定資産、1年以下のもの(現金・製品など)を流動資産と言います。

「負債」のうちの、長期的に企業が返済しなければならないもの(社債、長期借入金など)を固定負債、短期的に企業が返済しなければならないもの(買掛金、短期借入金など)を流動負債といいます。

「純資産」とは、返済が不要な資金のことです。純資産には、経営者が会社を作るときに会社に入れたお金「資本金」や、今までの利益、「利益剰余金」などが記載されます。


【損益計算書(P/L)】

損益計算書とは、企業の1年間の活動の中で、いくら売り上げて、いくら費用がかかったのか、そしてその結果、いくら結果が出たのかを記載したものです。

P/Lでは、左側に費用をまとめ、右側には収益をまとめます。そして左側と右側は一致させます。

<P/Lの5つの利益>

1,売上総利益・・・売上高から原価を差し引いて算出します。

2,営業利益・・・売上総利益から、販売費、一般管理費を差し引いて算出されます。販売費や一般管理費とは、広告費や従業員への給料、オフィスを借りた場合の家賃などです。

3,経常利益・・・経常利益は、会社の実力が一番繁栄される利益と言われています。営業利益から、本業以外で獲得した利益を加算して算出されます。

4,税引前当期純利益・・・特定の期間に発生したすべての事象を加味して算出された利益です。たとえば、火災損失や事業の売却など、毎期に発生しない事柄を加算して算出されます。

5,当期純利益・・・税引前当期純利益から、法人税を控除して算出されます。


本書ではほかに、キャッシュ・フロー計算書についての説明も書かれています。

この本はキンドル・アンリミテッドで読むことが出来ます。

オリジナルバッグを販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
「暮らしに教養の深みと愉しみを」をモットーに、記事を執筆しています。

目次
閉じる