自殺未遂を経験した私が、本気で「幸せ」とは何かを考えて出た結論

はいみなさんこんにちは。

私は2021年の冬に、自殺行為をしました。

で、生き延びてしまいました(笑)

絶対うまくいくと思ってたんですけどね(笑)

それで、約半年間、なんで生き延びてしまったんだろうって、モヤモヤしていましたが、

せっかく生き延びたので、よりよく生きていこうと決心することにしました。

さて。幸せとは何でしょう。

ハーバード大学の幸せの研究

幸せを測定する物差しってたくさんありますよね。

・お金

・肩書

・名声

その他いろいろ。

しかしながら、ハーバード大学の研究によれば、

他者との質の良い関係を築くこと

が幸せのカギとなるそうです。

その関係とは、彼氏がいるとか、旦那がいるとか、そういう肩書の関係性とはまったく関係がありません。

恋人と付き合っていても孤独と感じている人は多いです。

知り合いの数も、問題ではありません。どんなにたくさんの著名人と知り合いであるかの誇示は、幸せとは全く関係がありません。

一番大事なことは、自分にとって大切にしたい人との、質の良い関係性を続けることなのだそうです。

選択肢が複数あることを知る、自己裁量を実現する

少し前ですが、NHK党の立花孝志氏が、優生思想を基盤とした発言をして問題となりました。

現在の日本は、家父長制と都合よく解釈された儒教的秩序観により、優生思想一択の社会だと思います。

世間に生きる一般的日本人は、意識的であれ無意識的であれ、優生思想を持っている。

むしろ、優生思想という思想しか知らない。

本来、思想体系というものは複数あり、自分がその中の思想のどれを選択してより幸せに生きていくか、

というのは自由に選択できる権利があります。

思想は優生思想だけではありません。

ぜひみなさんも、たくさんの思想を知り、その中で自分がこれなら幸せになれると思える思想を選択して、

より幸せに生きていきましょう。

思想の種類を学べるオススメの本はコチラです。

言葉の解釈を間違えない

先日、松下政経塾の方のある方のレポートを読んで、とても興味深い話がありました。

松下幸之助は、「繁栄」という言葉をよく使っていました。

そもそも「繁栄」という言葉は、子孫繁栄や、遺伝子を受け継ぐこと、財産相続をすることのみが人間の生きる価値である、という狭い意味だけに使われる言葉ではありません。

真の繁栄とは、出生率の話でもなく、子を産まない選択をした女性が肩身の狭い思いをする話でもなく、

創造的で自由な生き方ができることなのだそうです。

これは少し政治思想や法律の概念の話に繋がる話ですが、

「財産」という言葉には、お金や土地、不動産のみならず、

愛や幸福、創造的人生も含むのです。

まずは隣の人に気遣いをしてみよう

心理学者であるアドラーの研究によれば、幸せとは、他者貢献なのだそうです。

なにも恵まれないアフリカの子供たちのためにアフリカに学校を作ることとか、そんな大きなことだけが他者貢献ではありません。

まずは、隣の人に気遣いをしてみましょう。

気遣いの積み重ねが、きっと巡り巡って、あなたの優しさが世界を循環して、再びあなたのもとへ戻ってくるでしょう。

アメリカの「自由」って実は幸福と密接に繋がっている

アメリカは、自由の国とよく言われますね。

その自由って、実は幸福と密接に繋がっています。

トーマス・ジェファーソンという、アメリカ独立宣言の起草者の一人は、

アメリカの「他者と共によりよく生きる(これを共和制と言います)」理想を追求しました。

アメリカ建国期の人々にとって「幸福追求」とは、

1、楽しむこと

2、充足感・満足感

3、他者と良いを気付く

だったそうです。おそらく今もそうなんだろうと思います。

際限の無い欲望の渦に、徹底的に溺れてみる経験をしてみるのもアリ

私は20代、際限の無い欲望の渦に、徹底的に溺れていました(笑)

それで、本当の意味で心の底から気付けることもあるのです。

幸せは知識ではありません。実践です。

執筆者:山本和華子

淡いピンクのアンティーク着物(訪問着)はいかがですか?

鶴の絵が描かれていて、ご友人の結婚式など、おめでたい日などにお召できます。

淡いピンク色の訪問着(アンティーク着物) – メルカリ (mercari.com)


私の著書、『京都観光 A to Z』が出版されました。

フォトグラファーとしても活動しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

目次
閉じる