印象派のアートを英語で表現してみよう

・19世紀のパリで、瞬間の印象をとらえて表現する芸術運動が起こりました。

In Paris in the 19th century, an artistic movement emerged to capture and express the impressions of the moment.

emerge:現れる

capture:とらえる

express:表現する

impression:印象

・その運動は、やがて「印象派」と呼ばれるようになります。

This movement eventually became known as “Impressionism”.

eventually:やがて

Impressionism:印象派

・その運動は、それまでのアカデミーの伝統に縛られない、新しい芸術表現の開花でした。

The movement was the flowering of a new artistic expression that was not bound by the previous traditions of the Academy.

flowering:花が咲く

expression:表現

bound:bind (縛る) の過去形

previous:以前の

tradition:伝統

・印象派の画家たちは、アトリエを出て、戸外制作を始めました。

The Impressionist painters left their studios and began to work outdoors.

left:離れる

・そうすることで、彼らは肉眼が捉える主観的な光の印象を、そのままキャンバスに再現することを可能にしました。

By doing so, they were able to reproduce the subjective impression of light captured by the naked eye directly on the canvas.

be able to:できる

reproduce:再現する

subjective:主観の

naked eye:肉眼

・またこの頃、パリで万博博覧会が開かれたことがきっかけで、日本の文化がヨーロッパに流入します。

Around this time, the World’s Fair was held in Paris, which led to the influx of Japanese culture into Europe.

lead to:~につながる

influx:流入、到来

・その日本の文化は、当時のヨーロッパで注目を集めました。これを、ジャポニズムと言います。

The Japanese culture attracted a lot of attention in Europe at that time. This is called Japonism.

attract:惹きつける

attention:注目

執筆者:山本和華子

「印象派のアートを英語で表現してみよう」を音声で聞くことが出来ます♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる