アメリカにおけるハッピーとは? ~幸福追求について考えてみた~

はいみなさんこんにちは。

アメリカは、自由の国として有名ですね。

その自由とは、ハッピーにも密接につながっています。

あなたにとって幸せってどういう状態を指しますか?

今日は、アメリカにおいて「幸福追求」とはどのようなものかを、一緒に考えていきたいと思います。

日本の憲法13条には、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法、その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と規定されています。

つまり、日本人がハッピーになる権利は、憲法で保障されていますよ、ということですね。

そして日本の憲法13条のうちの、「生命、自由及び幸福追求」という言葉が、アメリカ独立宣言に由来し、さらにそのルーツは、イギリスの思想家、ジョン・ロックの思想に由来するものと考えられています。

アメリカにおいて、どういう状態であることが幸福であり、幸福を求める視座(幸福追求)なのかは、人によって異なってもよいとの立場を示しています。

たとえば、お金持ちであることが幸せだと考えている人、他者への貢献が幸せだと考えている人、公共の福祉の範囲内であればどんな考え方であってもOKですよという立場です。

アメリカの独立宣言とアメリカ合衆国憲法は、アメリカが建国するときに、その基盤として重要な役割を果たしました。

そのアメリカの独立宣言と憲法の言葉は、どのような意図をもって作られたのでしょうか。

もともと、アメリカ独立以前の、新大陸に訪れたばかりのアメリカ人にとって、財産を所有することが、幸せに繋がっていました。

しかし、のちに、幸せの意味がどんどん広がっていきました。

さきほど出てきました思想家であるジョン・ロックの『市民政府二論』の中に、「生命、自由及び財産」という言葉が使用されているのですが、

アメリカ独立宣言の起草者のひとりであるトーマス・ジェファーソンは、そのジョン・ロックが書いていた「財産」を「幸福追求」と置き換えて、「生命、自由及び幸福追求」という言葉を、独立宣言に書き入れました。

なぜトーマス・ジェファーソンは、「財産」という言葉を「幸福追求」に置き換えたのでしょうか。

その頃のアメリカ人にとっての幸福追求は、財産を所有することだけに留まりませんでした。

アメリカ建国期の、アメリカ人の幸福追求

1、楽しむこと

2、充足感、満足感

3、関係性と市民道徳・・・社会公共の上での幸福追求

ギリシャ人の哲学者であるアリストテレスが書いた「ニコマコス倫理学」には、こんな風に書かれています。

幸福とは、人間が自らの人生や、自らが生きる社会を、よりよいものにするために、人生と社会の双方にもたらされるもの」

トーマス・ジェファーソンは、このアリストテレスの考え方を、「幸福追求」という言葉の意味に含んだと考えられています。

さて、いかがでしたでしょうか。

「自由」や「幸福追求」とは、自分勝手や利己主義とはまったく異なり、自分と人さま(社会)の両方に良い益をもたらす、という意味に繋がるのです。

執筆者:山本和華子

参考文献 団上智也『アメリカ独立宣言における「幸福追求」の意味』

コチラの本もおすすめです。

私の著書、『大人の週末、自由研究』が出版されました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

目次
閉じる