石角完爾著 『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』 の要約

「この世には人を傷つけるものが3つある。悩み、いさかい、空の財布。この3つのうち、空の財布が最も人を傷つける」

ユダヤ人は、お金は人生における扉を開ける大切な鍵という認識を持っている。

「お金を数えるには3つの方法がある。倹約、節約、勤勉だ」

「明日やる仕事を今日やり、今日買うものを明日買えばお金は貯まる」

自己犠牲なくして成功は得られない。

大切なものを失わなければ何も得られない。

豊作のときこそ、心して蓄えよ

つらいことは早く察知し、つらいことが起こったときにそれから抜け出すためにはどうすればよいか必死で考えること

欲張らずに、すぐ叶えられる小さなことから着実に実践していく。それを繰り返せばいつの間にか大きな富が貯まっていく。

着実に手に入る日々の糧が一番大切である。

財産を見せびらかすと身を滅ぼす。

古本屋、古美術商、古宝飾品商など「古」が付く事業はユダヤ人の独壇場である。

自分が受け取る利益の「適正さ」を把握する

正直な生き方にお金は宿る

ユダヤ人は、適正さと正直な方法で、正しい稼ぎ方をすべきと説く。

賢明な生き方こそお金を引き寄せる

賢明さにはお金を払う・・・対価(犠牲)なしで賢明さは身につかない

準備に時間とお金をかけ、十分にリサーチしてから物事を始めよ

人のためにお金を使えば、長く幸せになれる

不相応に贅沢で豪華な食事を振舞われても、決して口にしてはいけない

ツェダカ・・・貧しくても金持ちでも、収入の10分の1を寄付しなさいという教え

【5つの心構え】

  • 身の丈にあった報酬、生活を
  • 日々勉強を重ねよ
  • 誘惑に負けないよう自分を抑えよ
  • しっかり自分を管理せよ
  • 嘘をつかず、正直に生きよ

ユダヤでは、質素な食事で十分豊かに過ごせると考える。

ユダヤには、カシュルートという厳格な食事戒律がある。

「貧者のごとく食べて、豊かな考えを巡らせよ」

お金や物など数えられるものに幸せは宿らない。

稼いだお金に一喜一憂しない。

いかにリスクを小さく、想定外のトラブルを乗り越えられるか。この生きるための「基本精神」こそが時代を正確に読み解く能力を鍛え、ビジネスの成功をたぐりよせてきた。

まず少しの成果で満足する。そして、次に時間をおいて、相手の反応を見つつまた少しの成果を得る。

成果を焦らない。少しの成果を積み上げていく。

どんな権力者に対しても、正々堂々と自分の考えで眺め交渉ごとの議論は、長く付き合える信頼のおける相手かどうかを見定める物差しでもある。

疑問の精神こそ道を拓く

ユダヤ人は、「なぜ?」と、疑問を持つことの大切さを、非常に重んじている。

ユダヤ人は行動に移る前にリスクを分析する。リスク・コントロールはユダヤ人の習性である。

戒律に従い、慎ましい生活を送る。

徹底的にリサーチし、コツコツと最小リスク、最小効果でビジネスに臨む。

過剰な用心も過剰な楽観も、良い結果は生まない。

心配するのではない、考える。「適正判断」をせよ。

人とお金を動かす仕組みを作る。

金・銀・宝石に対する人々の執着、その心理と行動を冷静に読んでいたからこそ、ユダヤ人は早くから鉱山への投資に乗り出した。

ユダヤ人は、消耗戦をできるだけ回避しようとする。

独自の仕組みを作り、競争に巻き込まれない環境を作り、そしてそれを人に教えない。

ユダヤ人は、大不況のときこそチャンスだと、新規事業の開拓に余念がない。

ただやみくもに働くのではなく、人の心理や行動を観察して、どうしたらその効率が上がるかを考える。

人は塵から生まれてきた。生まれてきてから得たものに執着するな。いずれ人は塵に戻っていくのだから。

自分の内面を深く見つめることで、限りある人生をもっと謙虚に豊かに生きる。


内容を気に入っていただけましたら、ぜひ本書を手に取って読んでみることをお勧めします。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

オンラインショップ「寒山庵」の店主、山本和華子と申します。
このWebサイトでは、「日本文化の魅力を世界に発信する」をテーマに書いています。
私についての詳細はコチラへ→https://lit.link/wakakochannel

目次
閉じる