モネのアートを英語で説明してみよう

モネは印象派という芸術運動を起こしたフランスの画家です。

Monet was a French painter who started an artistic movement called Impressionism.

モネは1984年、仲間たちとともに展覧会を開きました。

In 1984, Monet and his friends held an exhibition.

exhibition:展覧会

そのときのモネの作品「印象・日の出」によって、印象派が幕を開けました。

Monet’s work at that time, “Impression, Sunrise,” marked the beginning of Impressionism.

モネの代表作品に、「日傘をさす女」があります。

One of Monet’s most famous works is “Woman with a Parasol”.

この作品は、彼の妻であるカミーユを描いた作品です。

This piece is about his wife, Camille.

雲が流れていく様子が美しいタッチで描かれています。

The clouds flowing by are depicted with a beautiful touch.

depict:描写する

また、「睡蓮 連作」も彼の代表作品です。

The “Water Lilies” series is also one of his representative works.

representative:代表的な

約30年間にわたり、モネは250枚以上の睡蓮シリーズを描きました。

Over a period of about 30 years, Monet painted more than 250 paintings in his Water Lilies series.

モネは、光の動きや変化の質感を、いかに絵画で表現するかに重きを置きました。

Monet placed great emphasis on how to express the movement of light and the texture of change in his paintings.

express:表現する

emphasis:描写する

texture:質感

執筆者:山本和華子

「モネのアートを英語で説明してみよう」を音声で聞くことが出来ます♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる