株式投資をする際にチェックすべき指標 ~PER、PBR、ROE、そして成長株~

はいみなさんこんにちは。

今日は、株式投資をする彩にチェックすべき指標について書いていこうと思います。

PER

PERは、株価と会社の利益とを比べてみて、株価が割安かどうかを判断する指標です。

PERの数値が安いほど割安です。

例えば、株価50万円、発行済株式数100株、当期純利益500万円という企業Aがあったとしましょう。

そして、あなたがこの会社の株を全部買い占めたとします。

そのとき、あなたの投資資金が何年分の当期純利益で回収できるのかを表しているのがPERです。

この場合ですと、PER=5000万円÷500万円=10(倍)となります。

一般に、PERの妥当水準は15~20倍程度と言われています。

PBR

PBRは、株価が1株当たりの純資産、つまり1株当たりの残余財産の何倍の水準にあるかということを表しています。

1株当たりの純資産は、企業が解散したときに名目上、株主が受け取れる1株当たりの金額です。

つまり、PBRが1倍割れの場合、株価よりも現時点で企業を解散したときに株主が受け取れることのできる金額の方が高い=株価が割安、ということになります。

ROE

ROEは、株主の所有分である自己資本を元手に、どれくらいの利益を稼ぎ出すことができているかを見るものです。

一般に、ROEが高ければ収益力の高い優良な企業、低ければ収益力の劣る企業と言えます。

成長株

成長株とは、売上や利益が成長、つまり増加を続けている株を指します。

成長株では将来の利益の増加を予想して、株価が妥当であるかを判断します。

そのため、現時点での予想1株当たり当期純利益を基準とした指標であるPERの数値は高くなります。

シンプルにいうと、成長株のPERは高くなるということです。

したがって、成長株へ投資するときは、PERはそれほど気にする必要はありません。

もっと詳しく知りたい方はコチラの本がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる