決算書を読むポイント ~どの企業に投資をすれば儲かるか?~

みなさんこんにちは。

今回は、決算書を読むポイントについて書いていこうと思います。

決算書の基本的な知識については、下のリンクから見ることができます。

貸借対照表(BS)を読むにあたってのポイント

1、どのようにキャッシュを調達しているか?

借入資金も活用して積極的な投資を行っているかを見ます。

もしくは、本業で生じるキャッシュフローのみで十分まかなえているため、そもそも外部から資金調達を行う必要が無い企業なのかを見ます。

2、調達したキャッシュを何に投じているか

有形固定資産、無形固定資産、投資有価証券等を見ればOKです。

3、どのようなビジネス上の特徴を持っているか

BSには、その会社のビジネスの特徴がはっきりと表れます。

例えば、キーエンスのBSの有形固定資産はかなり小さいです。

これはつまり、自社で工場を持たず(ファブレス)に経営活動を行っているということです。

他にも、クレジットカード会社は売上債権がかなり大きくなる傾向にあります。

また、積極的にM&Aを行う会社は、「のれん」が大きくなる傾向があります。

キャッシュフロー計算書(CS)を読むポイント

営業CFと営業利益に大きな差は無いか?(ある場合、その要因は何か)

営業CFとは、企業の営業活動による現金の動きのことです。

たとえば、商品を販売して手に入れた現金、材料を仕入れるために支払った現金などです。

営業利益とは、損益計算書(PL)の売上総利益から、商品を販売するために発生する費用等を引いたものです。

損益計算書についての基礎知識は、下のリンクから見ることが出来ます。

キャッシュ(CS)の動きは嘘をつかない一方で、損益計算書(PL)はある程度会社の裁量によって操作することも可能です。

したがって、営業利益がかなりよくなっているのに営業CFがずっとマイナスとなっている場合は、注意が必要です。

CSは、会社の姿勢や財務状況が如実に現れます。

もっと詳しく知りたい方は、コチラの本がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる