Let’s learn Japanese along with Sake from Niigata Prefecture! /「新潟の酒が旨いんだ!」を英語で説明してみました

新潟県の水は越後の高い山々から流れ出た軟水の湧き水が使用されています。

The water used in Niigata Prefecture comes from soft spring water flowing from the high mountains of Echigo.

used in:~において使用される

この軟水が日本酒を柔らかく、まろやかにしてくれます。

This soft water makes sake soft and mellow.

酒蔵ではお酒をつくる人たちを、「蔵人」と呼びます。そして、その親方を「杜氏」と呼びます。

In sake breweries, the people who make sake are called “Kurabito”, and their masters are called “Toji”.

brewery:醸造所

新潟県のお酒は、いわゆる「淡麗辛口」と言われます。

Sake from Niigata Prefecture is said to be “light and dry”.

新潟の冬は寒いです。この寒さが良いお酒を作るポイントとなります。

Winters are cold in Niigata Prefecture. This coldness is the key to making good sake.

一定の寒さがあるからお酒が素直に育ちます。

The constant cold allows the sake to grow honestly.

また、新潟県はお米の産地としても有名です。

Niigata Prefecture is also famous for its rice.

日本酒の淡麗でまろやかな味わいは、新潟の酒蔵と農家の深いつながりから生まれます。

The light and mellow taste of sake comes from the deep connection between Niigata’s sake breweries and farmers.

次に、新潟県の有名な日本酒について紹介します。

Next, let’s take a look at some of the famous sake from Niigata Prefecture.

「八海山」は、淡麗なのに、深みがあります。

“Hakkaisan” is light, but with a lot of depth.

低温発酵でゆっくり丁寧につくられています。

It is made slowly and carefully by low-temperature fermentation.

fermentation:発酵

「久保田」のラベルには、こだわりの手漉き和紙が使われています。

The label of “Kubota” is made of handmade Japanese paper.

この日本酒は華やかであると同時に品格があります。

This sake is It is gorgeous and dignified at the same time.

dignified:品位のある

執筆者:山本和華子

Author: Wakako Yamamoto

私の著書、『大人の週末、自由研究』が出版されました。

フォトグラファーとしても活動しています。無料ダウンロードできますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はWebデザインOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
クリエティブ職のため、日々教養を深めており、休日はこのサイトにて記事を投稿しております。

目次
閉じる