なぜ太平洋戦争が起こったのか、そしてこれからの日本のエネルギー政策

目次

なぜ太平洋戦争が始まったのですか?

1941年、アメリカからの石油禁輸制裁により、日本はどこからも石油を輸入することができなくなり、

日本の軍事力の維持が困難になり、1941年12月に日本はアメリカとの開戦を決定しました。

なぜアメリカは日本に対して石油禁輸制裁をしたのですか?

1941年7月、日本は南部仏印(フランス領インドシナ南部)への進駐を開始しました。

これに対し、アメリカは日本に対して不信感を抱きました。

アメリカは、太平洋地域での日本の脅威に対処するために石油禁輸制裁を課しました。

アメリカは日本に対して軍事的、経済的圧力をかけ、日本の行動を制限し、自国や同盟国の安全を確保しようとしました。

日本軍はなぜフランス領インドシナ南部へ進駐しようとしたのですか?

日本は当時、アジアおよび太平洋地域における地位を強化する必要がありました。

フランス領インドシナの占領は、軍事基地の確保や海上交通路の拡大など、

日本の戦略目標を達成するための一環として位置づけられました。

日本は1930年代から南方進出政策を展開しており、東南アジアおよび太平洋地域への影響力拡大を目指していました。

フランス領インドシナへの進駐は、この政策の一環として位置づけられました。

なぜ日本は1930年代、南方進出政策を打ち出したのですか?

日本は資源が不足しており、特に石油や鉄鉱石などの重要な資源を求めていました。

南方地域には豊富な天然資源が存在していたため、日本は南方地域に進出することで資源を確保しようとしました。

また南方地域はアジア太平洋地域の貿易ルートに位置し、日本はここを支配することで自国の経済的利益を拡大しようとしました。

ここで、エネルギー政策と外交の重要性が見えてきますね。

現在、資源の少ない日本において、諸外国からエネルギーを調達するために、良好な関係を築くためにどのような努力がなされていますか?

●多様なエネルギー調達先の確保・・・石油、液化天然ガス、石炭、ウランなど、さまざまなエネルギーを供給する国々との安定した関係を築くことに注力

●国際的なエネルギー安全保障の構築・・・国際エネルギー機関(IEA)、アジア太平洋エネルギー協力(APEC)などの国際機関との協力

●外交活動・・・エネルギー関連の国際会議やフォーラムへの参加、エネルギー供給国との二国間協定の締結、エネルギー関連の投資や技術協力など

●持続可能なエネルギーへの移行・・・再生可能エネルギーの導入や低炭素社会の実現に向けた政策の推進

執筆者:山本和華子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる