茶道具の美術館、湯木美術館に行ってきました。

●面糸目吹雪(江戸時代) 面取部分に細かい組を廻した作品。松平不昧が作らせたもの。面がうっすら紫色を帯びていて美しい。

●乾山窯 色絵三階松図平皿(江戸時代) 尾形深省(おがたしんせい、光琳の弟)の窯で焼かれた平皿。雪をかぶった松が描かれている。江戸時代のものとは思えない色鮮やかさ。逆にこれが江戸らしさ、琳派らしさなのだろうか。

●唐物肩衝茶入 銘「富士山」 中興名物。釉薬が山形に見えるところから銘がつけられた。

●乾山窯 銹(さび)絵染付老松図茶器 可愛らしい。漢詩が茶器に書かれている。

●銹絵雪竹図手付鉢 非常に趣深く、美しい作品。竹に降りかかる雪をデザインしている。映画の一場面のよう。溝口健二監督の「山椒大夫」のワンシーンのような美しさ。

執筆者:山本和華子


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はWebデザインOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
クリエティブ職のため、日々教養を深めており、休日はこのサイトにて記事を投稿しております。

目次
閉じる