岡倉天心が記した『茶の本』を、英語で伝えてみよう。 ~茶道英語シリーズ~

『茶の本』は、明治時代に思想家である岡倉天心が、欧米の読者に向けて英語で執筆したものです。

The “Book of Tea” was written in English by Okakura Tenshin, a thinker in the Meiji era, for a Western audience.

彼は、日本文化の根底に流れる世界観がどのようなものであるかを、『茶の本』では説いています。

In “The Book of Tea,” he explains the kind of worldview that underlies Japanese culture.

worldview :世界観

underlie:~の基礎となる

『茶の本』では、茶道の背景にある哲学について言及しています。

In “The Book of Tea”, he mentions the philosophy behind the tea ceremony.

behind :後ろに、背景

彼は、中国の道教を引き継いだ禅が、茶道を支える哲学の系譜であると論じました。

He argued that Zen, the successor to Chinese Taoism, is the philosophical lineage behind the tea ceremony.

successor:後継者

lineage:系統、家柄

また、東洋の芸術が目指すものとは、芸術家・鑑賞者・自然の三者が融合することだと説きました。

He also explained that the goal of Eastern art is the fusion of the three parties: the artist, the viewer, and nature.

fusion:融解、連合体

芸術の真の意義とは、作品を媒介にして、芸術家と鑑賞者が共感し、コミュニケーションを取ることです。そのためには、双方が謙虚に相手を思いやることが重要だと論じました。

The true significance of art is the empathy and communication between the artist and the viewer through the medium of the work. To achieve this, he argued that it is important for both parties to be humble and considerate of the other.

significance :重要性

empathy:共感

medium :媒介

humble :謙遜する

considerate :思いやり

茶会は、1人で出来るものではありません。主人が茶を点て、客がそれを飲むことによって初めて完成する。この話にも通じるでしょう。

A tea ceremony is not something that can be done by one person. It can only be completed when the master makes the tea and the guests drink it. This can be seen in this story.

『茶の本』が書かれた時代は、ちょうど日本が日清・日露戦争に勝利した時代でした。したがって、欧米社会では、にわかに日本に対する関心が高まりました。しかし、その関心とは、もっぱら日本人の戦闘性に向けられていました。それを天心は指摘し、日本文化の本質は、戦いよりも平和と調和を求めることにあり、そうした理想を集約したのが茶道なのだと説きました。

The time when “The Book of Tea” was written was the time when Japan won the Sino-Japanese War and the Russo-Japanese War. Therefore, there was a sudden increase in interest in Japan in Western society. However, this interest was focused solely on the combativeness of the Japanese people. Tenshin pointed out that the essence of Japanese culture was to seek peace and harmony rather than fighting, and the tea ceremony was the culmination of such ideals.

solely:単独で

combativeness:闘争を好むこと

culmination:頂点

ideal:理想

岡倉天心は、「茶道は姿を変えた道教である」と述べています。では、道教の教えとはどんなものだったのでしょうか。

Okakura Tenshin said, “The tea ceremony is Taoism in a different form”. So what were the teachings of Taoism?

「道」が茶に影響を与えているものとして中心となるのは、ものごとを相対的に見る目と、不完全の美学だとしています。

The main influences of Taoism on tea are a relative view of things and the aesthetics of imperfection.

influence:影響

aesthetic:美の

imperfection:不完全

道教は不完全であることにこそ価値を見出しています。

Taoism finds value in imperfection.

また、天心は禅宗に関しても言及しています。

Tenshin also mentions Zen Buddhism.

禅宗は、日常生活そのものが真理に到達する道であるとされています。そして、これらの考えを最も集約したものが「一杯のお茶を飲む」という行為であると、彼は説きました。

In Zen Buddhism, daily life itself is a path to reach the truth. He explained that the act of drinking a cup of tea is the best summary of these ideas.

「茶の本」が、音声で聞けちゃいます♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる