Let’s learn Japanese language using traditional Japanese colors! / 日本の伝統色を、英語で解説してみよう

今日は、日本語の伝統色を用いて、日本語を学んでいきましょう。

Today, let’s learn Japanese language using traditional Japanese colors.

鶯色【Uguisu-iro】

鶯色は、鶯という鳥の羽のような、暗くくすんだ黄緑色のことです。

Uguisu-iro is a dark, dusky yellow-green, like the feathers of Cettia diphone.

くすんだ、薄暗い:dusky

鶯:Cettia diphone

鶯は、日本において古くから親しまれ、別名「春告げ鳥」とも呼ばれました。

Cettia diphone has been popular in Japan since ancient times and was also known as “the bird that heralds the coming of spring”.

告げる:herald

青磁色【Seiji-iro】

青磁色は、青磁という磁器の色のような、薄い青緑色のことです。

Seiji-iro is a light blue-green color, like the color of celadon porcelain.

青磁:celadon

磁器:porcelain

青磁は、中国では古くから焼かれており、宋の時代には特に優れたものがいくつも焼かれました。

Celadon glaze has been fired in China since ancient times, with several particularly outstanding pieces being fired during the Song dynasty.

優れた:outstanding

玄色【Gen-iro】

玄とは、赤や黄みを含んだ、深みのある黒色のことを指します。

Gen refers to a deep black color with red and yellow tints.

「玄」という漢字の成り立ちには諸説ありますが、黒く染められた糸の束が吊るされた様子を表しています。

There are various theories as to the origin of the Chinese character for “Gen,” which represents a bundle of threads dyed black and hung up.

束:bundle

糸:thread

染める:dye

「玄」の文字は「黒」の意味のほかに、「深遠」「静寂」「宇宙の根源」「老荘思想」など、いくつもの意味も含んでいます。

In addition to the meaning of “black,” the character for “Gen” also has several other meanings, including “profundity,” “serenity,” “the root of the universe,” and “Laozhuang philosophy“.

深遠:profundity

静寂:serenity

根源:the root of

老荘:Laozhuang

杜若色【Kakitsubata-iro】

カキツバタとは、赤みの強い紫色の花の色です。昔は杜若の花びらを摘み取って、布にこすりつけて染めていたと言われています。

Kakitsubata is the color of reddish purple flowers. It is said that in the past, kakitsubata petals were plucked and rubbed onto cloth to dye it.

花びら:petal

摘む:pluck

こする:rub

平安時代には、「襲の色目」という文化がありました。

In the Heian period, there was a culture called “Kasane no Irome”.

襲の色目とは、貴族の衣装のコーディネートに使われた、配色のルールのことを指します。

Kasane-no-Irome refers to the color scheme rules used to coordinate the costumes of the nobility.

ルール、体系:scheme

貴族:nobility

襲の色目は、季節ごとの表現が大きなポイントとなります。

Kasane-no-Irome is a major point of seasonal expression.

表現:expression

この襲の色目に、杜若色は多く用いられました。

Many Kakitsubata colors were used for this Kasane-no-Irome.

利休茶【Rikyu-cha】

利休茶とは、挽き茶のような、緑がかった薄茶色のことです。

Rikyu-cha is a light brown color with a greenish tinge, like ground tea.

~がかった、色合い:tinge

この色は、茶人の千利休が好んだ色と言われています。

This color is said to have been favored by the tea master Sen no Rikyu.

千利休は、「侘茶」を大成させた茶人です。彼は豊臣秀吉の側近として、多くの大名にも影響力を与えたと伝えられています。

Sen no Rikyu was a tea master who brought “wabicha” to great prominence. He was a close associate of Toyotomi Hideyoshi and is said to have influenced many feudal lords.

側近:close associate

大名:feudal lord

支子色【Kuchinashi-iro】

支子色は、クチナシの実で染めた、少し赤みのある黄色のことです。

Kuchinashi-iro is a slightly reddish yellow, dyed with gardenia berries.

クチナシ:gardenia

この色は、平安時代に書かれた法典である「延喜式」にも記されており、とても古くから存在しています。

This color has existed for a very long time and is mentioned in the “Engi-shiki”, a code written in the Heian period.

存在:exist

記す:mention

法典:code

唐紅【Karakurenai】

唐紅とは、紅花で染めた濃い赤色を指します。

Karakurenai refers to a dark red color dyed with safflower.

紅花:safflower

「くれない」とは、呉という中国大陸にかつてあった国から渡来してきた染料、という意味があります。

“Kurenai” means a dye that came from Wu, a country that used to exist on the Chinese mainland.

呉:Wo

古くは、紅花は黄金にもたとえられるほど高価だったことから、この色は「禁色」と呼ばれ、一定の官位以外の人物は使用が禁止された色でした。

In ancient times, safflower was so expensive that it could be compared to gold. This color was called “Kinjiki,” and its use was forbidden to all but certain officials.

禁止:forbid

一定の:certain

官位:official

執筆者:山本和花子

Author: Yamamoto Wakako

もっと詳しく知りたい方は、コチラの本をどうぞ。

私の著書、『大人の週末、自由研究』が出版されました。

ココナラにて日本文化・京都観光・古典文学レッスンのオンライン講師をしています。

フォトグラファーとしても活動しています。無料ダウンロードできますよ♪

Do you want to learn Japanese?

I offer online Japanese lessons via Skype for $9 per 30 minutes.

Payment will be made by PayPal.

Payment must be made in advance.

If you are interested, please send me a message using the input form below.


    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
    ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
    オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

    目次
    閉じる