茶道具を英語で説明してみよう ~茶道英語シリーズ~

【茶入】

茶入は、お濃茶を入れるための道具です。

中国から渡ってきたものを「唐物」、国内で作られたものを「和物」と言います。

フタは象のきばで出来ており、「牙蓋」と言います。

また、茶入は「仕覆」と呼ばれる布でできたケースにしまいます。

“Chaire”(thick tea container) is a box used to hold thick tea.
Those that came from China are called Karamono, while those made in Japan are called Wamono.
The lid of the Chaire is made of elephant tusks, called Gebuta.

Chaire is stored in a cloth case called Shifuku.

revere:尊敬する

lid:フタ

tusk:きば

store:保管する

棗 の多くは漆が塗られていますが、竹や陶器で造られているものもあります。
漆で黒く塗られているものには、”蒔絵”という技術で絵が描かれます。

Most “Natsume” are lacquered, but some are made of bamboo or ceramics.
Some are made of bamboo or pottery. Those painted black with lacquer are painted with a technique called “Makie”.

【茶杓】

茶杓の源流は、中国の薬をすくうスプーンです。
茶人によって削られる茶杓には、その人の個性が溢れて味わい深いものとなります。

The origin of “Chashaku” is a Chinese spoon for scooping medicine.
The chashaku is cut by a tea master, and is filled with the individuality of the master.

individuality :個性

【釜】

釜の見どころは、作られた時代、色や質感、文様などです。
釜は、わびさびに通じますが、それと同時にどっしりとした風格もあります。

The highlights of a kettle are the period in which it was made, its color and texture, and its patterns.
A kettle is like a Wabisabi, but also has a stately appearance.

highlight:見どころ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。

目次
閉じる